【衝撃】既卒負け組が海外インターンシップを通した逆転劇

 

既卒が海外インターンシップをする目的

luggage-1149289_1280-min

就活などに疑問があったから

大学3,4年生で就職活動をしていると、エントリーシートを書くことや、面接をすることが多くなります。でも、自分が言う言葉や書いている言葉に対して違和感を持つ人はいると思います。自分は、正直でいるのか?本当にこれがやりたいのか?そんな疑問が頭のなかを巡ります。これは、誰でも持つ疑問だと思います。そして、その疑問に対して、正直に向き合った人の中に、新卒で就職するという選択肢を選ばずに違う道に進む人がいます。そういった人が、自分の目的を探すために、海外に飛び出します。そして、海外インターンシップという選択肢を選ぶ人もいます。

 

夢や目標のため

他に、自分の夢や目標のために既卒で海外インターンシップをする人もいます。海外でしたいことがある人や、海外で学びたいことがある人が直接日本で就職せずに既卒で海外インターンシップをします。その他にも、学生時代に、海外に行きたかったけれど行けなかった人が心残りを晴らすために大学を卒業した時点で海外インターンシップにいきます。とにかく、色々な目的を持って、新卒就職を辞めて海外に行く人がいます。
 

内定0に終わった僕の場合

就職活動で全落ちした僕の場合は、上記のようなキラキラした理由は微塵もなかったです。就活で病んで、とりあえずネットで色々就活に役立つ経験は何なのかを調べていたら海外インターンシップは就活に有利ということを見つけたので、海外インターンシップの存在を知りました。そして絵画インターンシップは費用もかからないので、お金のない僕にとってもすごくありがたかったです。就活で失敗したけど、海外インターンシップをしたら、ビジネス経験も積めるし、英語も学べるから、絶対次は上手いこといくと思い海外インターンシップをすることを決めました。

>>【訃報】海外インターンシップした僕が就活で内定0に終わるw

既卒で海外インターンシップをするときの不安

girl-1571459_1280-min

僕が既卒で海外インターンシップをした時、1番の不安は新卒を捨てるでした。新卒でも就活がうまく行かなかったのに、海外インターンシップが終了した後に就職できる保証はないし、新卒というブランドを捨てると就職に不利になるということも周りから何度も言われました。でも、それは本当なのかわからなかったし、第一僕の場合は、もともと新卒ブランドでは太刀打ちできなかったので、海外インターンシップン挑戦しやすかったです。よく、既卒だと就活に不利になるということは誰でも聞いたことがありますが、それは誰から聞いたのかっていうと、ネットの情報だったり、既卒で海外に行った経験がない人から聞いた話だったりする場合がほとんどだと思います。仮に、既卒で海外インターンシップに行って、帰国後に就職も何もできない人がいたとしても、それはその人の話であって全員がそうなるわけじゃないので、それを信じ込む必要はないです。だから、大丈夫ですという一方でやはり、既卒の場合は、海外でただ遊んでいるだけでは、もちろん就活が不利になるので本気で挑む必要があります。海外インターンシップなどで身に付けたスキルがあるからこそ帰国後の生活に活かすことができるんです。だから、新卒を捨てることをそこまで不安視しなくても大丈夫です。

 

僕が既卒で海外インターンシップをして逆転できた3つの理由

model-2408476_1280-min

実際、僕は海外インターンシップをしたことで、帰国後に内定をもらうことができました。それには、理由があって今からご紹介します!僕が海外インターンシップをしていた時に意識していたことは、周りとの差別化ができる経験を積むことです。具体的には大きく3つ意識していたことがあります。

1.英語力の向上

英語力の向上です。英語を話せるということは、周りとの差別化につながります。そして、面接で英語力をアピールするためにTOEICのスコアを取ることの意識していました。だから、現地人社員とミーティングをする際も、率先して事前に英語で文章を作成するなど文法にも意識をしていました。英語で文章を何度も作ることで自然とスピーキング力も上がるので皆さんも試してください。

2.数字の成果

現地で数字で出せる成果を残すことです。海外でビジネス経験を積むだけで周りとの差別化になりますが、ただ経験をしただけでは面接官は満足しないと思い、数字で残せる定量的な成果を残せるように意識していました
実際に僕は営業で1ヶ月間で20件の案件を取ることができたのでそれを就活で活かすことができました。数字を意識していることで日々の行動にも変化が生まれます。今更ですが、意識するって大切なんだなと実感しました。

3.行動しまくる

就職には直接関係ないかもしれませんがとにかく行動するということを意識してました。学生時代は全くと行っていいほど無気力で何に対しても興味がなかったです。だから、就活がうまく行かなかったのかなと反省しました。だから、この海外インターンシップというまたとない機会をつかって、とにかく行動するということを実践しようと思いました。実際に行動しまくっていると、失敗が多かったです。でもその分気づくことが多くて、英蝶している実感を毎日と言っていいほど感じていました。

 
意識していたことは主に3つですが、正直3つ目があるから英語力も身についたし、ビジネスでも成果を残せたと思います。僕らはせっかく既卒という普通の人ではなれないものになれたんです。これってすごく恵まれてるんですよ!だからその機会を使って海外インターンシップをするなら中途半端ではなく、全力で行動してください。そうしたら気づけば結果はついてきます。周りがなんていうかは知らないですが、既卒の僕が言ってるんです。しかも、僕でできたら他の人でできないわけがありません。断言します。既卒で海外インターンシップをすると大逆転はできます!

 

既卒で海外インターンシップをする4つの利点

human-746931_1280-min

ここからは、既卒が海外インターンシップをすることでの利点を客観的に説明します。利点が主に4つあります。

1.時間に縛られない

学生の場合は、時間に制約があります。長期休暇の1,2ヶ月間しか時間を取れなかったり、休学をしても1年間ほどしか時間を取れなかったりと時間を意識しながら海外インターンシップをする必要があります。その点、既卒の場合は時間を制限すること無く海外インターンシップができます。だから、海外インターンシップを数社で行なう事もできます。時間に縛りがない分、目標などを設定しておかないと期間をダラダラと無駄に長引かせてしまうこともあるので、メリハリをもっておくことも大切です。

 

2.語学を習得できる

海外にいることの1番のメリットは語学を習得できることです。しかも、海外インターンシップは留学とは違い、英語を使って働くので、英語を扱う力は身につきやすいです。その英語力を武器に帰国後の就活に活かすことができます。グローバルな社会になっていく中で英語を話せる社員を求める企業はたくさんあります。既卒であっても英語力があれば関係なく採用する企業はたくさんあるので、英語力は身に付けておいて損はありません。

 

3.最前線でビジネス経験を積める

新卒で就職した場合、はじめのうちは研修や基礎的な仕事が多くなります。しかし、海外インターンシップの場合は、インターンシップ生であっても即戦力として扱われますので、自分で考えて動く機会が多くなります。そこで、急成長することで海外インターンシップ終了後に、周りと大きな差がつきます。企業も戦力になる人であれば、既卒新卒問わず採用します。海外インターンシップで身につけることできるスキルは無限大です。インターンシップ先や、自分のモチベーションによっても成長は変わるので、主体的に動くようにしましょう。

 

4.現地就職や起業の可能性も

学生などであれば、時間に制限があるので海外インターンシップをしたあとなど、時間に限界がきたら帰国しなければなりませんが、既卒の場合はそんなことはありません。仮に、海外インターンシップのあとに現地就職をしたければすることもできます。インターンシップ先で直接、就職してくれと頼まれることもあります。また、インターンシップ先で学んだスキルやノウハウを活かしてそのまま事業を自分で始める人もいます。既卒だからこその可能性も実はたくさんあります。

 

就職に使えるサイト3選

海外インターンシップ中は海外にいるので、なかなか日本の就活状況を把握しにくいです。だから就活情報を滴入れやすい状況を作っておくことは重要です。下記の3つは実際に僕が使っていたサイトなのでご紹介します。

若者正社員チャレンジ事業




何とかして正社員で働きたいが、どうしたらいいか分からない方に、カウンセリングやセミナーなどで育成支援しながら、正社員として就職できるようサポートしてくれます!フリーターやニート期間が長い方、働いた事がない方などの支援実績も豊富なので、既卒の就職には非常に有利です!!!

 

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、ネオキャリアが提供する既卒,フリーター,第二新卒,20代の方向けの無料就職支援サービスです。プロの就職アドバイザーによる個別の就職相談、履歴書・職務経歴書の添削、未経験OKの正社員求人の紹介など、就職活動を内定までサポートしてくれます!

 

Start就活

Start就活なら複数の就活サイトに一括で登録可能です。平均5-10の就活サイトを利用するとされる就職活動において、同じ情報を何度も入力するのは面倒で手間がかかりますが、Start就活なら複数の就活サイトに一括で登録可能なので無駄な時間がかかりません。このサイトは特許も出願もしているスーパーサイトです!!5-6時間もかかるところを15-30分に短縮できるんです!

 

セブターンの就職サポートについて

上記の就活サイトの他にも、海外インターンシップで培った英語力や、海外でのサバイブ能力を武器にして働けるように、セブターンも就職サポートを行っています。海外インターンシップ後に日本で働く場合は就職、転職専門のキャリアカウンセラーが、海外就職希望の方は海外就職専門のキャリアカウンセラーが就職のサポートをします。そして、その際のサポート費用はかからない上に就職が決まった方には最大5万円のお祝い金をプレゼントしています。海外インターンシップ終了後の就職に不安がある方もたくさんいるかと思いますが、サポート体制がしっかりと整っているので安心して海外に行くことができます!

>>就職サポートの詳細について

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
山中雄星

山中雄星

就活に焦点をあててフィリピン留学と海外インターンシップをしました!フィリピンに長く滞在していたので、英語の他には、タガログ語やセブワノ語も話すことができます!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)