【最新版】留学は古い?就職に活かすなら海外インターンシップ

 

留学を就活に活かすのはもう古い

old-woman-574278_1280-min

留学に行けば英語を活用して就職に活かす事ができる!そう思っていませんか?確かにそうですが、正直に言います。留学を就職に活かすのは古すぎます!これからの就職では語学力だけではなくビジネス経験もある真のグローバル人材が必要とされています。だから就職に活かすなら海外インターンシップに行くべきです!これから、海外インターンシップと就職について説明していきます。

>>留学と海外インターンシップをして外資企業に受かった女性の体験談はこちら

海外インターンシップによる就職へのメリット

job-interview-437026_1280-min

周りと差別化できる経験

海外インターンシップは海外で就労経験を積むことができます。海外でそのような経験は滅多にできることではありません。滅多にできない経験をしているということはまわりとの差別化につながります。就職する際に、その企業に採用してもらうためには、自分に企業がほしいと思うようなスキルや、独特な経験が無いといけません。そういった意味では、海外インターンシップをすることは、独特な経験が積めるだけでなく、スクルも身につくので、圧倒的に就職の際のメリットになります。身につくスキルはこれから説明していきます。

 

現地で実際のビジネスシーンでの英語

海外インターンシップの特権は英語を使って働くことができる点です!留学の場合は、英語力を身につけることができますが、なかなか実践で使う事はできません。その一方で、海外インターンシップは実践で英語を使いまくれます。だから身につく英語力も机上の会話レベルではなく、リアルな英語です。企業が求めている英語力も、会話のための英語ではなく、仕事で使える英語なので、海外インターンシップをすることは、留学よりも就職に有利です。

 

ビジネスの基礎が身についている

ビジネスの基礎が見についている人と、身についていない人の場合、身についている人のほうが就職では有利ですよね。1から教えないといけない人よりも、10から教えるだけでできる人だと後者のほうが、魅力的ですよね。海外インターンシップをするということは就職の時点で1から10まで身につけているということです。これは自分にとっても企業にとっても有利なことです!

 

現地人を巻き込むリーターシップ力

海外インターンシップでは、インターンシップ生であっても関係なく社員の一員として働きます。そのため海外インターンシップでは日本でのインターンシップでは絶対にないような裁量権を持つことができます。インターンシップ生にプロジェクトを任せて、現地人スタッフと一緒に進めていくこともしばしばです。そのため、普通に日本で生活しているだけでは絶対にできないような経験を積むことができます。海外インターンシップでは企業の中心に日本人がいて、現地人と協力して事業を進めていくので、人を巻き込んでプロジェクトを進める力が身につきます。

 

海外インターンシップを通じた就職の活かし方

handshake-2056023_1280-min

海外インターンシップ先の直接雇用

海外インターンシップでは実はそのまま現地就職ができる場合があります。企業としても自社で働いた経験がある方がいいので、海外インターンシップでインターンシップ生の能力を見極めて、その後に自社で採用するというパターンがあります。なので、海外インターンシップ期間中の働き次第では、そのまま就職することができるので成果を出すことを意識して働くことが大切です!

 

海外現地就職

アジアの市場の急成長に伴ってここ数年で、海外現地就職の求人数は前年の50%増しといった勢いで進んでいます。しかし、その一方で、海外駐在員の数が追いついていません。そのため、海外現地就職は現在売り手市場になっています。だから、海外で就職したいなら、場所さえ選ばなければ就職は可能です。しかし、より良い企業で就職するには、ITなどの特別なスキルを持つことや、現地でのコネクションを海外インターンシップ中に作っておくことが大切です。スキル、実績、コネクションがあれば海外での就職は難しくはないです。

 

外資系企業

最近では外資系企業であっても英語力不問の場合が多くなってきていますが、基本的には、外資系企業に就職する場合は、英語力が求められます。海外インターンシップを通して、英語を使って仕事をする経験は大きなアピールポイントになります。外資系企業では、日本人以外とのビジネスコミュニケーションを取ることが多いので、海外での就業経験があることは、日本しか知らない人と比べても圧倒的に有利になります。外資系企業では、英語力と、外国人とでも対等にビジネスできる協調性が求められます。

 

ベンチャー企業

ベンチャー企業で求められることは、自分で考えて行動するという主体性です。だから、海外インターンシップの経験を活かして、ベンチャー企業に就職したいのなら、自分は海外の環境の中で自分で考えて動いていたということをアピールすることが大切です。具体的に、海外インターンシップでの経験を話して自分は即戦力になることを伝えることで就活では非常に有利になります。だから、海外インターンシップでは、言われたことをするのではなく、何ごとにも挑戦することが大切になリます。
 

日本企業の海外支社

日本企業の海外支社で就職した場合、成果次第では日本の本社勤務になる場合もあります。なので、日本で就職したい企業があればその企業の海外支社で就職をすることで、日本の本社に行くチャンスを作ることができます。そのためには、何か任務を与えられたら、まずはそれをしっかりこなしたうえで、さらに自分に何ができるかを考え、主体的に組織に関わり提案をしていき、周囲に好影響を与えられるような行動を起こすことができるということを明確にアピールすることが大切です。日本企業の海外支社で働くには、英語力と日本とのコミュニケーションが円滑にできて、日本からの指示を現地人を巻き込んで実施することができる必要があります。そのため、海外インターンシップで、現地人と働く経験があればそれは就活をする上での大きなポイントになります。

 

海外インターンシップによる就職へのデメリット

office-620822_1280-min

就職情報をキャッチアップしにくい

海外インターンシップが就職に有利なのは事実です。でも海外インターンシップをしていると、就活に不利になることもあります。海外にいると日本の情報が入りにくくなります。毎日、日本の情報を確認し続けていると情報を得ることができますがせっかくの海外インターンシップ期間なのでそこまで日本の情報を得ることに時間を使うのはもったいないです。就職の情報を知ることは重要だけど、そこまで使いたくないと思います。だから、就職を控えて海外インターンシップをしている人が確認しているサイトをご紹介します。これは海外インターンシップ中でも時間をかけずに情報を確認することができるので僕もおすすめです!
 
【Start就活】

これは「Start就活」と言って複数の就活サイトに一括で登録可能です。平均5-10の就活サイトを利用するとされる就職活動において、同じ情報を何度も入力するのは面倒で手間がかかります。「Start就活」だと一度の入力だけで済むので無駄な時間をかけずにできるので5-6時間もかかるところを15-30分に短縮できますので貴重な海外インターン期間に無駄な時間を使う必要なく就職の情報を得ることができます!
 
【就職Agentneo】

就職Agentneoは、就活生の就活を支援する就職支援サービスです。ESの書き方が分からない、面接で何を言えばいいか分からない、そんな就活生をサポートしてくれるので最高です!ナビサイトにない企業の特別推薦枠ご紹介や企業ごとの面接対策、自己分析、自己PR書き方セミナー少人数制の就活イベントご招待など内定をもらうための対策がし放題です!

 

海外インターンシップ後に就職できる受け入れ先

下記では海外インターンシップ後の就職ができるインターンシップ受け入れ先です!

英語100%の職場環境!フィリピンでのIT企業

ITの最先端を走る企業のフィリピン支社での海外インターンシップです。ITの専門知識がなくても関係なく実務を任せてもらえます。社員の9割がフィリピン人なので、もちろん社内の公用語は英語です。短期で英語環境を求めている人には最適です。もちろん長期間でも受け入れは可能なので、英語環境で働きたい方、ITについて学びたい方やITスキルを活用したい方におすすめです!
 
受け入れ先:IT企業
勤務国:フィリピン
受け入れ期間:1ヶ月から
食事補助:なし
住居補助:あり
その他:期間によってVISA費用負担

 

フィリピンの滞在費無料のテレマーケティング会社

サウザンド②(オススメ)-min

長期休暇を使って、海外留学をしたい人はたくさんいます。でも、ネックなのが留学費用です。留学したいけれどお金が無いという人におすすめなのがこのインターンシップです。このインターンシップは毎日4時間の英語授業を提供してもらえる上に、食費、住居費も無料です。つまり、本来なら数十万かかる留学費用が無料になってしまう海外インターンシップなんです!
 
受け入れ先:テレマーケティング会社
勤務国:フィリピン
受け入れ期間:1ヶ月
食事補助:平日1日3食
住居補助:あり(ホテル滞在)
その他:1日4時間の英語授業提供

 

ベトナムの広告会社の海外インターンシップ

Spice Up2-min

世界で活躍する日本人を増やすことを目的に、日本人向け海外研修事業、日本語ベトナムメディア(ウェブ・フリーペーパー)事業、カフェ事業の3つの事業を手がけている企業での海外インターンシップです。同時に3つの事業を手がける企業で色んなビジネスに触れたいという方におすすめの海外インターンシップです!

受け入れ先:広告会社
勤務国:ベトナム
受け入れ期間:3ヶ月
食事補助:社内カフェの社割適用
住居補助:あり(1人部屋、2人部屋)
その他:VISAサポートあり
 

まとめ

海外インターンシップを就職に活かすためには、上記で言ったことを実践していくことが重要です。就職に活かすためには、現地での頑張り以外に、事前準備、帰国後の動くも重要になります。セブターンでは海外インターンシップに言った方が就職できるように、就職サポートを行っています!海外インターンシップ後の就職を考えている方のキャリアアップのために全力でサポートさせていただきます!

>>2ヶ国留学・就職サポート

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
佐々木 清聡

佐々木 清聡

大学2年次に大学を休学し、フィリピン留学、インドでの長期インターンを経験しました。『日本で当たり前だと思っていたことが、通用しない』これが私の海外生活の印象でした。自分の知らない世界に飛び立つ皆様のお力添えができるように親身にサポートさせていただきます!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)