海外インターンシップは安い?格安で留学に行く方法

 

海外インターンシップとは

”海外インターンシップ”とは、海外の企業で一定期間、実戦経験を積むことを言います。就活生が企業説明会の一環として参加する”インターンシップ”は表面的な経験が多いですが、海外インターンシップの場合、企業の中で研修生として働くためより実践的、且つ主体的に働くことを経験することができる制度となります。また、異文化の中で業務を行うため日本とは異なる常識や文化圏になりますので固定概念にとらわれずに、柔軟に環境へ対応する力も必要です。授業のみでは決して学ぶことが出来ない生きたビジネスの場で英語に触れながら、仕事も学ぶ。それが、海外インターンシップです。

 

 

海外インターンシップってほんとうに安いの?

最近、留学よりも海外インターンシップのほうが安く、また英語力やビジネス力を鍛えれるといったことで海外インターンシップが非常に人気になってきておりますが、実際に本当に安いの?そもそもどれぐらいの費用が必要なのか?またエージェントによっては費用は変わらないの?といった質問をよくいただきます。なぜ海外インターンシップが安いのか。ひとつずつ見ていきましょう!

 

 

海外インターンシップは留学よりも安い理由

balance-2108022_1280-min

現地滞在費が無料

受け入れ先が現地にあるホテルやコンドミニアムを社宅として、提供いただけます。したがって滞在費を気にする必要なし!また受け入れ先企業によってはプール付きの超高級ホテルをご用意いただくこともあり、非常に快適な環境で生活することができます。

 

食費が無料

1日3食を提供いただけます。しかも無料で!食費が浮くだけでなく、美味しく、安全な食事を食べることができることの安心。またいちいち食事を作る手間もなくなるので、英語の勉強、仕事に打ち込めるのも非常にありがたいですね。

 

学費が無料

留学の場合、期間に応じた留学費用を学校支払って英語を勉強しますよね。でも海外インターンシップの場合は、学費なんてかかりません。数十万円から数百万円もの費用の違いが生まれるのは、これが理由です!お金を支払うことが難しい場合は、代わりに海外インターンシップを選ぶ人はたくさんいます!留学費用を抑えることができるのも海外インターンシップが安いと言われる理由の1つです。

 

給料がもらえる

海外インターンシップは、現地で無給で働く代わりに食費や住居費などを提供してもらうことが一般的ですが、中には有給のインターンシップもあります。海外滞在して、英語を上達させながらお金をもらうなんて安いなんてレベルではありません。海外インターンシップ後にワーキングホリデーや、世界一周を控えている人は、有給インターンシップにをしてお金を貯める人も中にはいらっしゃいます。

 

 

海外インターンシップは欧米よりアジアの方が安い

欧米比較棒グラフ-min
欧米比較-min

 

物価が安い

欧米での海外インターンシップとアジアでの海外インターンシップをする際に必要なコストは全然ちがいます。まず物価が違います。物価が違うことで、滞在費、食費に差が生まれます。毎日の出費一つ一つのコストが高ければ、長期間では大きな差が生まれます。その点、アジアは物価が安いので、何か欲しいものがあっても気軽に購入することができます。そして何より、セブターンでの海外インターンシップの場合、現地滞在費用がかかりません。だから、さらに費用が安くなります。

 

渡航費が安い

アジアの場合、物理的に距離が近いので航空券代も安くなります。そして、費用が航空券が安いので、容易に日本に一時帰国することもできます。実際に、格安の航空券では1万円代で日本に帰ることができるので、非常にお得です!

 

 

本当に安い!海外インターンシップ1ヶ月間の費用

海外で英語を学びながら働きたいと思い大学の夏休みをつかって海外インターンをすることに決め、2016年の8月から9月までの1ヶ月間、フィリピンでインターンをしました。

場所 セブ島
時期 8月から9月の1ヶ月間
業種 テレマーケティング
待遇 食事補助、住居補助、英語授業1日4時間

インターンシッププログラム費用、現地での生活費、娯楽費。航空券等も全てコミコミで含め…以下の金額でした!

・日本で支払った費用:30,000円
・フィリピンで払った費用:14,000円
・生活費:26,300円
・航空券費用:32,500円
・保険費用:0円
合計:103,400円

10万円ちょっとで1ヶ月間、毎日マンツーマンの英語授業を受けることができ、また海外で生活することができたのは非常にコスパの良い、
海外挑戦の選択肢の1つかと思います。
>>1ヶ月の海外インターンシップの費用内訳

>>海外インターンシップの費用について

 

 

費用が安く済む!オススメ海外インターンシップ先

現地滞在費無料の海外インターンシップ

9-2-2-Thousand②-min

食費、住居費が完全に無料の海外インターンシップはこちらです!1ヶ月間からの受け入れが可能なので夏休みなどを利用した短期間の海外インターンシップができます!また、英語の授業を受けることができるので留学の代わりにもなる優れものです!

受け入れ先:テレマーケティング会社
勤務国:フィリピン
受け入れ期間:1ヶ月
食事補助:平日1日3食
住居補助:あり(ホテル滞在)
その他:1日4時間の英語授業提供

 

給料がもらえる海外インターンシップ

クロマーツアーズ3-min

お金をもらいながら、働きたい人にはぴったりです!しかも給料をもらえる海外インターンシップは基本的に長期間での受け入れを行っているのに対して、こちらのインターンシップは2ヶ月間からインターンシップ生を受け入れています。インターンシップ後の予定が詰まっている人や短期間しか時間が取れない人にもおすすめのインターンシップです!

受け入れ先:旅行会社
勤務国:カンボジア
受け入れ期間:2ヶ月から
食事補助:勤務日の昼食費支給
住居補助:あり(1人部屋)
その他:1ヶ月当たり$200支給

 

英語が学べる海外インターンシップ

Mio Matumoto6-min

留学したいけれど、お金に余裕がない人という人にぴったりな海外インターンシップがこちらです!留学したいのなら、思い切って語学学校で海外インターンシップしてください!もちろん滞在費も無料ですし、英語の授業も毎日受けることができます!講師との距離も近くなるので、英語で会話する機会も増えます!語学学校で働く経験はなかなかないのでおすすめです!

受け入れ先:日系語学学校
勤務国:フィリピン
受け入れ期間:3ヶ月から
食事補助:月~土1日3食提供
住居補助:あり(学校の寮)
その他:1日4時間の英語授業提供

 
>>その他のフィリピンでの海外インターン一覧
>>アジアの海外インターン一覧

 

 

セブターンがどこのエージェントよりも一番安い

Pasted image at 2017_05_15 06_50 PM-min

Pasted image at 2017_05_15 06_49 PM-min

一般的に海外インターンシップに参加すると20万円/月~30万円/月程度、必要となります。セブターンの場合は1ヶ月3万円のみです!
またセブターンでは海外インターンシップでの滞在費、食費が無料のため、非常に費用を抑えることができます。また一見エージェントによっては料金体系を複雑にし、余計な手続費用として請求される場合がありますのでご注意してください!セブターンはわかりやすいようにインターンシップ参加期間1ヶ月につき、一律3万円といった料金体系、またそれ以外には一切に手続き上の費用がかからないので安心してくださいね。

 

 

まとめ

今回ご紹介した費用面以外でも、海外インターンシップは魅力がたくさんあり、大きく成長できる上に費用が安いので、どんな人でも挑戦することができます。海外インターンシップをに挑戦できるのに、わざわざできない理由を探す必要はありあせん。できる理由、したい理由があるならぜひ挑戦することをおすすめします。インターンシップの費用など気になることがあればどんどん質問してください!LINEでも受け付けています!

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
佐々木 清聡

佐々木 清聡

大学2年次に大学を休学し、フィリピン留学、インドでの長期インターンを経験しました。『日本で当たり前だと思っていたことが、通用しない』これが私の海外生活の印象でした。自分の知らない世界に飛び立つ皆様のお力添えができるように親身にサポートさせていただきます!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)