教育都市バギオ!セミスパルタ韓国系語学学校での海外インターン

今回は「教育都市バギオ!セミスパルタ韓国系語学学校」で働かれている野口様にフィリピン・セブ島での海外インターンシップについてのお話を伺いました。

求人情報も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

 

 

仕事を半年で辞めて向かった先

 

 

Q.フィリピンで働くまでの経緯をお伺いしてもよろしいでしょうか?

 

11-1-1 JIC Baguio3年前、大学を卒業して新卒で入社した会社をわずか半年で退職しました。会社のミスマッチが原因でした。その時、再就職ではなく、まずスキルを磨くため英え語を学ぶことを決意したんです.
貯金もあまりなかったので、安い費用で英語が学べるフィリピンを留学先に選びました。その時、留学したのが、今僕が働いている語学学校でした。その後、別の学校の学生マネージャーも経験し、約半年間バギオで英語を学びました。半年後、日本に戻ってオーストラリアにワーキングホリデーに行くための資金稼ぎを始めましたが、なかなか思うように資金が溜まらなかったので、英語を使って働く道を探りました。運よくご縁に恵まれ、バギオで英語学校を紹介する代理店の現地スタッフとして働けるチャンスを得ました。そして2013年7月から代理店の現地スタッフとして1年間働きました。その時は僕の学校も顧客学校の一つでした。その後2014年6月に母校で働いてみないかというオファーを頂きました。ここでの経験は僕の人生を変えてくれた経験でもあるので、恩返しの意味も込めて働くことを快諾しました。

 

 

 

Q.貴社の事業内容、特徴等を教えてください。

 

フィリピン・ルソン島北部にあるバギオという地域に校舎を構える韓国系英語学校です。

・平日も外出可能でマイペースに英語を学びたい人に向いているセミスパルタキャンパス、
・平日外出禁止、1日11時間の学習時間を強制的に確保できるスパルタキャンパス、
・マンツーマン授業で徹底的にIELTSテスト対策を行うIELTSキャンパス
の3つのキャンパスがあり、お客様の目的に合わせた環境を提供できます。

 

 

Q.今後貴社の目指す姿を教えてください

 

11-1-2 JIC Baguio留学生に対しては、例え英語初級者であっても自信を持って英語が話せるように成長できるような学校になります。

グローバル人材を育成するための最初の入り口になりたいです。
社員にとってはこの学校での経験が人生やキャリアの中で価値になるような学校になります。
会社と言うのは顧客だけでなく社員や地域のためにも存在していると考えています。

なので生徒や社員、ひいては地域からも好かれる存在になっていきたいです。

 

 

 

自分の価値は自分で高めろ

 

 

Q.貴社のインターン生はどんな経験ができますか?

 

英語を使って、海外の人と仕事をすることができるので実践的な英語力が養えます。
英語はコミュニケーションのツールの一つです。実践で使えてこそ意味があります。
実践で使えるようになるには実践で訓練を重ねるのが一番効率的です。

その他は、インターン生次第だと思います。
もちろん学校から託される仕事からも学べることはたくさんありますが、
自分の頭で考えて生徒や講師の満足度を上げる方法や業務を効率化する方法など考え、提案し、実行して見ることです。

少なくとも当校では、そういった姿勢は大歓迎です。インターンは使われるものではなく、使うもの。
経験を得るための機会を自分の手で作り出せるということが最大の魅力だと思います。

 

 

Q.インターン生に求めるものはなんですか(姿勢、スペック等)?

 

自分から進んで何かを学び取ろうとする姿勢が大切です。

これらすべてのインターン生に言うことですが自分の姿勢次第でインターンから得られるものは大きく変わるんです。
思い出に留まるか、価値になるか、この違いは大きいです。

僕自身も留学後インターンを経験していますがその時の経験が今でも役立っていると自信を持って言えます。

 

 

 

Q.インターン生には海外で何を学んで、どうなって欲しいですか?

 

11-1-3 JIC Baguio他力本願ではなく、自分の価値は自分で高めなければいけないということを身を持って学んで頂けると思います。
あなたの成長はあなた自身の努力に掛かっています。

初めからできなくてもいいのです。
でも、インターンを使って、常に今の自分以上になるよう努力し、成長してください。
それが出来れば将来絶対に後悔しない経験をすることができるでしょう。

 

 

 

グローバル人材の確固たる条件

 

 

Q.グローバル人材に必要な条件は何だとお考えですか?

 

価値を生み出せる人になることだと思います。出会い、チャンス、お金、これらはすべて価値を生み出せる人の方向に流れていきます。英語を話せても意地悪な人には近寄りたくありませんよね?英語を話せても信頼できない人にはチャンスもお金を託すのも渋るはずです。大切なのは、人の役に立つ価値を生み出すことです。グローバル人材とは、その生み出す価値を世界中の人に届けられる人を言うのだと思います。

 

 

Q.インターン生の手当てについて詳しく教えてください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無給ですが、授業料、食事(学校が提供)、寮費が免除になります。
毎日4時間の授業も提供します。その代わり、残りの時間は学校のためのお仕事をしていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

Q.インターン生とは仕事以外でどのような関わりがありますか?

 

仕事以外でもたくさんの関わりを持っています。一緒に食事に行ったり、将来のプランについて話すときもあれば、仕事先を紹介するようなときもあります。もちろん人によってそれぞれですが、インターンでの経験を価値あるものにして欲しいという気持ちが僕らにはありますから、そのための協力ならいくらでもさせて頂きます。

 

 

Q.海外に挑戦する若者にメッセージをお願いします。

 

11-1-5 JIC Baguio厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、海外に行ったからといってあなたが変われるとは限りません。

大切なのは、海外で得た経験を通し、何を学び、どう成長していくのかということです。

思い通りに行かないこともたくさんあるでしょうし、日本にいたら体験できないことにもたくさん出会うでしょう。
それを学びとして捉え、成長していくことの出来る人にとっては、海外での経験は掛け替えのない時間になることをお約束します。

 

 

 

 

インタビュアーの感想

 

この学校は代表の母校で野口様には多大な影響を与えていただきました。海外インターンに挑戦するきっかけをいただいたのも野口様の存在がとても大きく、将来に迷っている方にもおすすめできるインターン先です。バギオはマイナーな存在ですが、涼しくて勉強しやすく、仕事も勉強もじっくり取り組みたいという方はバギオも選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか!

 

「バギオのイメージが湧かない!」という方はこちらの動画をご覧ください↓

 

alt
alt
alt

Related 関連海外インターン求人