留学界のベンチャー!設立1年のセブ島語学学校での海外インターン

今回は「留学界のベンチャー!設立1年のセブ島語学学校」でインターンをされている伊藤くんにフィリピン・セブ島での海外インターンシップについてのお話を伺いました。

求人情報も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

 

休学中に見つけた第二の故郷

 

Q.セブに来る前は主にどんな活動をされていましたか?

 

10577004_598624820257019_6707772920103940096_nお酒と遊びに明け暮れた大学生活を送っていました。そんな堕落した生活から心機一転し、大学2年が終わった春、休学をして海外に飛び出しました。

休学期間中は、セブ語学留学(5カ月)、カンボジアの国際NGO・SOLS24/7でのインターン(4カ月)をしておりました。その後、語学学校のスタッフとして働くチャンスを掴み、すっかり大好きになったセブに帰りました。

 

 

 

 

 

Q.どんな経緯でセブでインターンをしようと思ったのですか?

 

インターンとして来る前から、セブには合計6カ月間滞在しており、またセブに行きたい!と思ったのが正直な理由です。カンボジアでのインターン中、Twitterで求人を見つけ、「立つ上げ段階の語学学校」という文言に惹きつけられました。生徒として6カ月間、2つの語学学校で英語の勉強やボランティア、貧困地域の取材をした経験、ノウハウを、まだ始まったばかりの学校の運営に生かしたいと思いました。

 

 

Q.インターンの業務内容を簡単に教えてください。

 

11281699_762456210540545_1806254573_n立ち上げ時期ということもあり、様々な業務に携わることができました。日本人生徒さんのサポート、フィリピン人教師の採用、政府機関への書類申請、学校のインフラ整備、日本オフィスとの情報共有、空港ピックアップ等々、私にとっては「毎日が挑戦」でした。

 

経費管理から学校の改善まで幅広く任されたことは、責任が重いとも感じましたが、「フィリピン語学学校運営(ビジネス)の全体像」が見えたように思います。これは大きい組織で、特定された業務をやっていては感じることのできないことだと思います。

 

 

 

 

 

 

人生の分岐点 セブ島で得た自信

 

 

Q.インターン生に求められると思う能力はありますか?(姿勢、スペック等)?

 

ノリが良くてフットワークの軽い人はインターンに向いているかもしれません。実際に私が出会ったインターン生は大体テンションが高かったです。

 

 

Q.このインターンで(英語力を含めて)身に付いたスキルはありますか?

 

11119948_762456203873879_1112276616_n日系の語学学校で働くことのメリットは、“フィリピン人が同僚で、日本人がお客様”という点だと思っています。そこでは英語でビジネスをするスキルが身に付くと同時に、社会人として日本人の生徒様に対応するという経験ができました。これは社会人経験のない学生インターンにとっては非常に大きなポイントで、社会に出る第一歩になったように感じます。もちろん英語力も伸びました!

 

 

Q.すごいor面白いor苦労したエピソードはありますか?

 

セブで最も大事だといっていいのが「飲みニケーション」。積極的に外に出て、様々な人たちと灼熱の中、冷えたビール(安いけどうまい)を飲む。

そこでできた人脈は私にとって非常に大きなものになっていると思います。ずっとブログを拝見させていただいていた経営者の方々、日本では一緒に飲むことなんてないだろう有名な本の著者。セブで共に頑張っている同年代の大学生。「セブで働いている」というだけで本当にたくさんのおもしろい人たちと繋がれたように思います。

 

 

Q.インターン後は具体的にどんなことをされていますか?

 

11281728_762456207207212_2093005525_n現在、復学した大学に通いつつ(週2)、渋谷の某IT企業で働いています(週4)。ハードな毎日ですが、日々成長を感じています。大学へのモチベーションはあまり高くはないですが、休学、インターンを経て、1,2年生のころとは全く違う大学生活を送っています。

 

 

 

 

 

あなたの目線を根底から変えるチャンス!

 

 

Q.このインターンの経験は生きていますか?どう生きていますか?

 

生きています。実際に、インターンを経験する前では考えられないようなレベルの高い企業で、優秀な方々と働いていますし、そこで働けているのは、セブでのインターンの経験のおかげだと思っています。(採用面接でもセブでの経験を長々と語りました。)

セブでのインターンの経験によって、今まで無理だと思っていたことにチャレンジする自信と、それを実現できるスキルを得ることができました。

 

 

Q.セブでインターンに挑戦する若者にメッセージをお願いします。

 

セブスマ①

セブでの経験は私の人生を大きく変えてくれました。セブで学べるのは英語やお酒の飲み方、ダイビングだけではありません。セブはまだまだ発展途上で、そこではたくさんの“貧困”を目にします。“英語が学べて、途上国の実情が知れる”私はそこがセブ留学、インターンの魅力だと思っています。日本で生まれた私たちがこの世界のためにできることを本気で考えるきっかけになります。

アメリカに留学するなら、カナダでワーホリするなら、セブに来てインターンをしてみてください。たくさん学んで、出会って、考えたことは将来に絶対生かされます!

 

 

 

 

 

インタビュアーの感想

 

遊びに明け暮れた大学生活からセブ島留学、インターンシップを経て大きな変貌を遂げた伊藤くん。現在は某有名メガベンチャーでインターン中とのこと。伊藤くんのように今の大学生活になんとなく物足りなさや危機感を感じている人は一歩を踏み出してみましょう。必ず新しい世界が開けます。

 

 

alt
alt
alt

Related 関連海外インターン求人