No.1有名校!フィリピン最大級の語学学校での海外インターンシップ

今回は「No.1有名校!フィリピン最大級の日系語学学校」で働かれている田中様にフィリピン・セブでの海外海外インターンシップシップについてのお話を伺いました。

 

求人情報も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

 

 

劣等感からの脱却 高みを目指して異国の地へ

 

 

Q.フィリピン留学業界に携わるまでの経緯を教えてください。

 

日本ではずっとレストランで働いていたんです。当時勤めていた会社には店舗がいくつかあって、その中でも外国人が多い六本木店で勤務することが多かったんですよ。店のスタッフの中には帰国子女とか英語がペラペラな人もいて、外国人のお客様が来店した際に、私が対応した際は簡単な英語を使用してのやりとりしかできず満足できるサービスが提供できませんでした。結局英語が話せるスタッフに外国人の対応を任せ、もし自分に英語が話せたらもっと質の高いサービスができるのになぁという思いがずっとありましたね。

 

それがきっかけで英語を勉強しようと決意しまして...それでワーホリ行こうと最初は思ったんですけど、フィリピン留学に行っていた友達に相談したところ“英語初心者なら絶対にフィリピンの方がいい”と言われまして、それで3か月間の留学をしたのが最初のきっかけです。

 

13223614_834240530041528_1513384839_o

 

 

Q.なぜ、セブ島の語学学校で働くことになったんですか?

 

自分が英語を話せるきっかけになったのは、セブ島の語学学校のおかげだったので留学業界には興味がありました。当初はワーホリへいくためのステップとしてセブ島へ訪れましたが、いろいろと今後何をしたいのか考えていると英語を話せる環境でまず仕事をしてみたいという決断に至りました。そこで英語を話せるきっかけを作ってくれた語学学校で、英語学習される生徒さまをサポートしていくのって素敵な仕事でやりがいがあるなって思ったんです。

 

 

Q.貴社の特徴や強みを教えてください。

 

設立6年目の大規模日系語学学校で、特徴ある2つの校舎をセブ島に持っており、大きな特徴の一つとしてオンラインとオフライン(セブ島での学習)どちらでも学習頂くことができます。オフラインだけではなくオンライン英会話にも力を入れており、卒業生や未来の留学生、世界中で英語学習をされたい人に向けてサービスを提供しています。またその中から実際にセブ島に勉強しに来てくださったり、お気に入りの先生に会いに来られたりする生徒さまもいらっしゃいます。英語学習をするうえでオンラインとオフラインを組み合わせて勉強して頂けるのは大きな特徴です。

 

そして一番はやはり教師の質にこだわっています。最も重要視するところは教育者としての情熱があるかどうかという点です。

 

他にも採用する際にはいくつかの基準を設けており、また入社後にはTESOL(英語教授法、国際資格)の取得を義務づけていたり、また当校が独自に開発したオリジナルテキストを使用して「どう教えればよいか」「どう教えてもらえれば理解できるのか」というティーチングスキルの向上にも力を入れています。

 

QQ%20IMAGE6

 

 

世界一の語学学校への道のり

 

 

Q.今後の目指す姿はありますか?

 

“世界一の語学学校にする”と代表はいつも言っています。

 

すべての面で向上する必要がありますが、私は特にオンライン英会話はまだまだ可能性があると思っています。以前、東南アジア人向けの留学フェアに参加した際に、彼らの英語学習意欲がすごく高いなと思ったんです。学習したいアジア人は多くいるけど、でもオンラインで英語を勉強するという認識があまりなくて、またインターネットなどの環境面がまだ整っていないのが現状です。今後インターネットが普及していくにつれ、オンラインの可能性は無限大に広がっていくんじゃないかと思っています。

 

他にも私のイメージでは“ヨーロッパの人(背と鼻が高くて金髪のイメージ)って皆英語しゃべれるじゃん”とか思っていたんですけど、実際そんなことなくて、南米など多くの地域で全然英語が話せない人は多いらしいですよ。顔見れば話せそうなんですけどね(笑)国籍問わず、英語学習されたい世界中の人たちに利用頂ける学校になれたらと思っています。

 

 

Q.貴社の海外インターンシップ生はどのような経験が出来ますか?

 

設立6年目のまだまだベンチャー企業で改善の余地が大きいと思っています。生徒さまがご満足頂ける新しいサービスなど、いろいろなことに日々挑戦しています。チャレンジ精神があって一緒に学校を作っていきたい、そういう思いがあればすごく良い経験が出来ると思っています。

 

様々な業務、役職がありますが全部そうです。なんせ未完成、“世界一”を目指していますから。世界一の学校に一年間携われるというのは大きな経験になるのではないですかね!海外インターンシップをしながら将来へのきっかけも見つけて欲しいですね。

 

実習時間では社員と同様の業務を体験できます。海外インターンシップだから簡単なことだけということは一切ありません。正しい敬語やビジネスマナーなどもマスターできると思いますし、実際に社会人として働く現場を体験でき、日本人以外のスタッフもオフィスにいますので、英語が飛び交う国際的な環境の中で経験を積むことができます。

 

5-1-2 QQ

 

 

Q.海外インターンシップ生に求める能力、スペック等はありますか?

 

向上心と、責任感になるのかなと思います。実習中はPCを使用することが多いので最低限のPCスキルは必要になってきますし、フィリピン人や、韓国、中国人等の各国のスタッフとコミュニケーションをとる際の英会話スキルも必須です。

 

 

きっかけを掴めるかは自分の選択次第

 

 

Q.どのような人が海外インターンシップ生に向いていると思いますか?

 

英語だけ勉強したいっていう人ではなく、業務実習にも真剣に取り組める人ですね。海外インターンシップ生は業務実習を行いますので、学校側のこと、生徒側のこと、双方の立場でモノを考えられるし、場合によっては提案も出来ると思います。

 

それに生徒さまも海外インターンシップ生を見ているので学校のイメージにもなるんですよね。海外インターンシップ生が学校の顔になるんです。彼らの行動一つで学校のイメージは本当に変わってきます。なので自分から積極的に行動して、責任をもって行動できる人が向いているのかなと思いますね。

 

13235907_834240506708197_1939533060_n

 

 

Q.海外インターンシップ生には何を学び、どう将来につなげて欲しいですか?

 

海外の職場で業務実習するということは自分を知る良いきっかけだと思うんです。業務実習を通じていろんなこと人との出会いの中で気づくことも多いですし、自分の強みがわかったり、弱点を見つけるきっかけにもなると思います。

 

結構ハードなんですけど、その分英語レッスンのみの生徒さまよりも面白い経験が出来ると思います。泣いても笑っても一年間で終わるんです。過ぎれば苦い経験もきっといい思い出になりますし、人生で壁にぶつかったときに乗り越える力もつけて欲しいと思います。

 

 

 

Q.最後に海外に挑戦する若者へメッセージをください。

13234869_834240523374862_614757029_o

 

一歩前へ。僕もそうなんですけど、生きていれば“いいな、やってみたいな”って思うことはたくさんあります。そこで行動できるかどうか。僕は一歩踏み出せばいい事しかないと思うんですよね。海外にでることや海外インターンシップという選択は本当にいいと思います。日本一回出てみた方がいいですよね。

 

僕は海外に出たことで人生変わりましたから。

 

 

インタビュアーの感想

常にニコニコされていて、とても気さくにインタビューに応じて頂きました。勤め先の語学学校はもちろん、フィリピン・セブ島の事をこよなく愛しているんだろうなとインタビューをさせて頂いた短い時間だけでもひしひしと伝わってくるような方でした。海外インターンシップ生は誰の下で働くかがとても重要だと私は思っています。田中様に興味を持たれた方のお問い合わせをお待ちしております。

 

alt
alt
alt

Related 関連海外インターン求人