【意外と知らない】クレジットカードがフィリピン留学で役に立つ理由

 

フィリピン留学にクレジットカードを持っていくワケ

クレカ理由-min
日本での生活において、現金を持ち歩かなくても買い物することができるクレジットカードは、非常に多くの人に利用されています。フィリピン留学や海外インターンに行く人も、もちろんクレジットカードを海外に持っていきます。

その理由は主に下記となっております。
 

【現金を大量に持ち歩くのを防ぐ】

海外で現金を大量に持ち歩いていると狙われる危険性があるため、クレジットカードを持つことによってその危険を回避することができる。
 

【海外旅行保険の役割を担う】

多くのクレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯しているので、海外旅行傷害保険への加入費用を払う必要がない。
 

【手数料が安い】

現地通貨への交換手数料が、クレジットカードの場合は非常に安く済む。
 
 
このページで、無料でつくれる海外旅行傷害保険付きのクレジットカードもご紹介します。
 

クレジットカードの危険について

クレカ危険-min
クレジットカードはフィリピン滞在において非常に便利です。しかし、中にはクレジットカードを外国に持って行きたくないと思う人もいるのではないでしょうか?
クレジットカードをフィリピンに持っていく際の注意点についてご説明します。
 
 

【フィリピンでは、クレジットカードを持ち歩く方が安全!?】

フィリピンでは大金を持ち歩いていると、スリや強盗などに狙われることがあります。そのため、基本的にフィリピンでは現金を大量に持ち歩くことはめったにありません。無防備に1万円分以上の紙幣を持ち歩いていたら、簡単に狙われてしまいます。
たとえばアメリカでは、日本の1万円札にあたる100ドル札を持ち歩く人はめったにいません。20ドル札(約2,000円のお札)を利用している人が圧倒的に多く、合計1万円分以上のお金を持ち歩いている人も稀です。基本的に海外では現金を大量に持ち歩くことは危険なことだと認識されています。
自分の身を守るためにも、現金ではなくクレジットカードを持ち歩いたほうが安全です!
 
 

【カードをなくしてしまった場合は?】

どのカード会社も海外において、カードを紛失した人への対応は24時間体制で行っています。もしものときは日本国内と同じように、すぐにカードの利用を停止することができます。その為、不正利用されるという可能性は、非常に少なくなっています。
 
 
海外に長期滞在する際の現金の保管についてストレスを感じないためにも、クレジットカードを持っていくことをおすすめします。
 
 

フィリピンでのクレジットカードの使い方

ATM1-min
フィリピンでのATMの使用方法は、至ってシンプルです。
フィリピンでは、ショッピングモール内などの至る所にATMがあります。まずは、上記のようなATMを探しましょう。

 
 
ATM2-min
ATMによっては、日本のクレジットカードが使えない場合がありますので、ATMに上記のような「VISA」や「MasterCard」、「PLUS」や「Cirrus」マークなどのクレジットカードと同じものが入っていることを確認しましょう。
 
 
ATM3-min
ATMは上記のような広告が、はじめに画面に表示されていることがありますが、タッチすると消えます。
 
 
ATM4-min
それでは、早速利用をしましょう。
カードを挿入すると上記の、PINコード(暗証番号)入力画面に切り替わります。まずは、4桁の暗証番号を入力してください。
 
 
ATM5-min
次に上記の画面に切り替わるので、引き出しを意味する「WITHDRAWAL」(または「CASH ADVANCE」 )を選択します。ATMによってボタンの場所は違いますので、「WITHDRAWAL」という単語を覚えておきましょう。
 
 
ATM6-min
次に上記の画面に切り替わります。
クレジットカードを利用して、キャッシングをする場合は、クレジットカードを意味する「CREDIT」を選択してください。銀行のカード(キャッシュカード)を使って自分の口座から引き出す場合には「Savings」を選択してください。

 
 
ATM7-min
次に上記の画面に切り替わります。
引き出す金額を入力しましょう。フィリピンのATMでは、一度に引き出せる限度額が10,000ペソ(約23,000円)となっております。金額を入力したら、YESを選択しましょう。
 
 
ATM8-min
現金を受け取れば完了です。フィリピンでは、一般的にカード、現金、利用明細書の順で出てきます。利用明細はトラブルが起きた際の証拠になるので必ずとっておきましょう。
 
 

フィリピンでのATM利用の注意点

banner-1165980_1280-min
フィリピンでATMを利用する際には、注意点もあるのでお気をつけください。
下記が意識すべきポイントです。
 

【暗証番号をわすれてはだめ!】

フィリピンのATMでは暗証番号の入力が必須となっていますので、暗証番号を忘れないようにしましょう。
 

【ATMに現金がない場合の対処】

フィリピンのATMには現金が入っていないことがよくあります。その際に、カードの戻りが遅い場合があるので、あせらずに待ちましょう。その場を離れたタイミングでカードが出てきてしまうと盗難の原因になります。10分以上待ってもカードが戻ってこない場合は、ATMに記載の連絡先か、カード会社に電話しましょう。
 

【レシートは必ず保管しておく】

レシートはトラブルが起きた際の、証拠となるので必ずとっておきましょう。
 

【暗証番号は他人に見られないように】

フィリピンで特に多い犯罪として、ATMに隠しカメラをセットして暗証番号を盗撮するスキミングという手口があります。ATMを利用する際は、暗証番号を隠しながら入力してカードを盗まれないようにしましょう。
 

【利用中はATMから離れない】

フィリピンではATMから利用者を引き離して、その隙にクレジットカードと現金を盗む手口も多発しています。ATM利用時に、他の人に話かけられても応じないようにしてください。隣から「操作方法がわからないから教えて欲しい」と言われたり、銀行員を装って「カウンターまで来てほしい」などと言って言葉巧みにATMから離れさせようとしてきますが、クレジットカードと現金をしっかり抜き取ってからATMを離れるようにしましょう。

 
 

フィリピン留学でクレジットカードが便利な理由

【海外旅行傷害保険付き】

薬-min
クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付随しているものがあります。
そのため、わざわざお金を払って、海外旅行傷害保険に入る必要はありません。
 
海外旅行傷害保険とは、海外滞在時の怪我や盗難、その他のトラブルに遭遇したときに生じた損失を補ってくれる保険です。この保険が付いているクレジットカードを選んで、海外に持って行くことで便利なクレジットカードが身を守るお守りにもなります。
 
フィリピン留学で長期滞在する人に病気はつきものです。そして、その際の医療費は高額です。
具体例として、海外に滞在中に『盲腸(もうちょう)』にかかってしまった際の治療費は、300万円~500万円程度です。
フィリピン留学でもしものことがあった場合に、無駄なお金を払わないようにするためにも、必ず海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持っていきましょう。
 
 

【手数料の安さ】

手数料-min
フィリピン留学にクレジットカードを持参する理由に手数料の安さもあります。
 
クレジットカード払いの手数料:1.3%~2.0%程度
空港で両替する際の手数料:4~10%程度
 
特にマイナー通貨への交換手数料は高いときで、20%ほどかかることがあります。
その点、クレジットカード払いの場合は、どの国で利用しても手数料がほぼ均一でかなり低く抑えられている上に、キャッシングの場合も世界中どこでも低い手数料で現地通貨を手に入れることができるので、クレジットカードを使用することによって、結果的に最低限の手数料のみで換金や買い物ができます。
 

キャッシングについて

キャッシングはクレジットカードを経由してお金を借り、翌月の支払日に引き落とし口座から「借りた金額 + 利息」を支払うという方法です。

クレジットカードの年利は基本的に約18%です。
そして、換金手数料は約1.3%です。

新生銀行の場合換金手数料が約4%かかりますので、クレジットカードの換金手数料は非常にお得です。

ATMで10,000ペソをキャッシングした際の手数料は下記の様に計算します。

利率の計算は「年率18% ÷ 365日 × 借入30日 = 2.17%」

支払う利息は「22,500円 × 利息2.17% = 488円」

換金手数料は「22,500円 × 換金手数料1.3% = 292円」
換金手数料は10,000円あたり約130円となります。

22,500円をキャッシングするのにかかる手数料の合計は、
「利息488円 + 換金手数料292円 + ATM手数料450円 = 1,230円」

支払い金額は「22,500 + 1,230円 =23,730円」です。

クレジットカードの利用は、お金を借りているということを理解して、計画的にキャッシングを利用する必要はありますが、大金を日本から持っていくリスクを考えるとクレジットカードのキャッシングを利用することはとてもおすすめです。

 
せっかく貯金した大切なお金を、手数料で取られてしまっては、非常にもったいないので、できるだけ無駄な手数料を抑えまてフィリピン留学を楽しみましょう。
 

フィリピン留学におすすめのクレジットカード

credit-card-1583534_1280-min
フィリピンに滞在するにあたって、下記の状況はよくあります。
 
・利用限度額に到達してしまう
・カードを失くしてしまう
・財布ごと盗まれてしまう
・磁気ストライプ異常で買い物に使えない
・長期出張中、有効期限に到達してしまう
 
上記の状況に備えて、クレジットカードは2枚ほど準備しておきましょう。
 
下記にフィリピン留学や、海外インターンにおすすめのクレジットカードを5つピックアップしました。
 
 

【楽天カード】

rakuten card-min (1)

楽天カードは、年会費無料でありながら、傷害治療費:200万円、疾病治療費:200万円まであり、付帯している海外旅行傷害保険の保証内容がとても充実しています。ただし、1つだけ注意点があり、海外旅行傷害保険は自動付帯ではなく、付帯するには日本を出国する以前に、交通機関や旅費を楽天カードで支払っている必要があるので、航空券の費用を楽天カードで購入することをおすすめします。クレジットカードの利用や楽天市場での買い物でもポイントが効率よく貯まり、そのポイントは楽天トラベルでも使うことができるので、航空券購入の際の割引にもなります。また、楽天プレミアムカードを持っていると、「プライオリティ・パス」というものに無料で登録でき、本来なら年会費が数万円する世界各地の空港ラウンジを自由に利用することができます。空港ラウンジを使ってリッチで快適な空港での滞在時間を満喫できます。カードはVISA、マスターカード、JCBから選ぶことができます。注意点として、楽天カードは基本的に海外キャッシングはリボ払いとなっています。初期設定でリボ払い無しと申請することはできますが、海外キャッシングはリボ払いの設定なしでも強制的にリボ払いになります。リボ払いの初期設定の金額は10万円以下の場合は3,000円が月々の支払いになっているそうです。これはキャッシング後には変更できないので注意が必要です。つまり、限度額いっぱいに借りても年間36,000円しか返せず、それに金利が18.0%付きます。しかし、設定画面でリボ払いの返済最大額を3000円からキャッシング可能額(300,000円など)に変更すると、一度に返すことができるので安心してください。
 
 
 

【三井住友VISAカード】

三井住友VISAカード-min-min
三井住友VISAカードは、日本初のVISAカードという実績があります。また、世界シェアNo.1のVISAブランドなので、最も実用的なクレジットカードといえます。18歳から25歳で初めてカード持つ人限定の「デビュープラスカード」というカードがあるので学生の方にはおすすめです。また、初めてのカード発行ではない人にも「クラシックカード」や「プレミアムカード」があります。サービスも非常に充実しており、世界の主要都市に「VJデスク」が設置されています、そこではカードやパスホートの紛失や盗難時のサポートを常時日本語にて行われています。また、インターネット不正利用保証や24時間監視システムがあり世界トップクラスのセキュリティを誇っています。フィリピン滞在時のサポートを重視される方には、ピッタリのカードです。
 
 
 

【エポスカード】

eposu-min-min
エポスカードは年会費永年無料でありながら、サービスが充実した丸井グループのクレジットカードです。年会費無料のクレジットカードでは海外旅行傷害保険が付いていない場合や、保証内容が充実していない場合が多いのですが、エポスカードは傷害治療費:200万円、疾病治療費:270万円までというように他社の一般カードより海外治療費の上限が高くなっています。保障額が他社のゴールドカードレベルでありながら年会費無料、保険が自動付帯という驚きのカードです。偽造困難なICチップや、盗難・紛失時の全額保証、カード利用時の通知メール、ネット通販用に別のカード番号が発行されるというバーチャルカード機能などがあり海外傷害保険以外にも豊富なサービス内容のあるクレジットカードです。
 
 
 

【セゾン アメリカン・エクスプレスカード】

アメックス-min-min
アメリカン・エキスプレス・カードはクレディセゾンが発行するクレジットカードです。アメリカンエキスプレスはブランド力があり、アメリカでは特に知名度もあるので便利なカードです。3000円(税別)の年会費は必要ですが、治療費用が300万円、疾病治療が300万円など他社のゴールドカード並みの海外旅行傷害保険が付帯しています。また、海外アシスタンスデスクが海外の主要51都市に設置されており、パスポートやカードの紛失や盗難といったトラブル時にも常時日本語で対応しています。その他にも、ホテルやレストランの予約や、各種チケットの手配代行のサービスもあります。 また、カードの利用サービスも充実しており、クレディセゾンには「永久不滅ポイント」制度があるため、有効期限を気にせずポイントを貯めることができます。そして、ネットでの不正使用による損害を補償する「オンライン・プロテクション」やカードで購入した商品の破損・盗難などの損害を保障する「ショッピング安心保険」が付いているためお得です。
 
 
 

【オリコカード】

オリコカード-min-min
オリコカードは多くの種類がありますが、その中でもオリコiBカード、PayPassカードは治療費200万円になっており補償内容が良いです。1年間で1回以上クレジットカードを使用すると年会費は無料になるので、フィリピン留学に持って行くには非常にオススメのカードです。買い物をする際などに、貯まるオリコポイントはiTunes(iTunesリンク挿入)amazon(アマゾンリンク挿入)と相性がよく、非常に便利です。「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(年会費1950円)」は治療費200万の補償(自動付帯)があります。
 
 

【クレジットカード補償額一覧】

下記が、各クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険の主な補償額です。
下記からそのままカードを作成できますので、早めに申し込みをしてフィリピン留学や海外インターンの渡航前にカードが手元にあるようにしましょう。

カード名 死亡保障 治療費 盗難 賠償責任 年会費
楽天カード 2,000万円 200万円 20万円 2,000万円 無料
三菱UFJニコス 2,000万円 100万円 20万円 2,000万円 無料
三菱UFJ-VISAカード 500万円 30万円 10万円 1,000万円 無料
リクルートカード 2,000万円 100万円 30万円 2,000万円 無料
エポスカード 500万円 200万円 20万円 2,000万円 無料
JCB EIT 2,000万円 100万円 20万円 2,000万円 無料
REX card Lite 2,000万円 200万円 20万円 2,000万円 無料
イオンSuicaカード 500万円 50万円 なし なし 無料
三井住友VISAカード 2,000万円 50万円 15万円 2,000万円 1,250円
オリコiBカード 2,000万円 200万円 20万円 2,000万円 1,250円
SBIゴールドカード 5,000万円 500万円 50万円 5,000万円 2,500円
セゾン アメリカン・エクスプレスカード 3,000万円 300万円 30万円 3,000万円 3,000円
楽天プレミアムカード 5,000万円 300万円 30万円 5,000万円 10,800円

 

以上が、フィリピン留学におすすめのクレジットカードです!
しっかり準備して、より充実したフィリピン留学生活を送りましょう!

このコラムを書いた人
佐々木 清聡

佐々木 清聡

大学2年次に大学を休学し、フィリピン留学、インドでの長期インターンを経験しました。『日本で当たり前だと思っていたことが、通用しない』これが私の海外生活の印象でした。自分の知らない世界に飛び立つ皆様のお力添えができるように親身にサポートさせていただきます!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)