【疲れた人必見!】セブ島で格安で受けられる激選マッサージ店4選

こんにちは♬セブターンのライターの原田佳奈です!

 

今回・次回と長期滞在・インターンシップ中に気分を変えられる

格安美容サービスついてご紹介したいと思います(^_-)-☆

 

セブ島のマッサージ店を4店舗ご紹介!

 

日本では美容サービスは非常に高い…というイメージですよね?

マッサージは、1時間大体1万円程、ヘアサロンはカット+カラーで1万5千円…。

 

留学中は収入も無く、出来るだけ出費は抑えたい…でも美容は気になる!

そんなセブに滞在するファッショニスタにお得な情報!

 

-shared-img-thumb-AI_IMG_7679_TP_V

 

セブでは、カット+カラー、オイルマッサージが格安で受けられる!

 

今回は マッサージ について紹介したいと思います!

 

 

-shared-img-thumb-HOTE86_tukaretenecyatta15111240_TP_V

 

日本では、普通のオイルマッサージで、ホットペッパーのクーポンでも

1時間1万円はする、オイルマッサージ!!

高いですよね…。

セブ島は南国、

南国といえば…そう、スパ!マッサージ!

ここセブでは高級スパから、格安スパまで、

マッサージサービスが充実しているのです!!

いくつかご紹介します。

 

 

Massage

 

こちらは、学校(Englsih Fella)の近くのスパです。

ここは私の去年の留学中のいきつけだった店です。

マッサージ:P300

アロママッサージ:P350(ジャスミン・ペパーミント・ラベンダーから選択可)

マッサージ前に、足をスクラブで洗ってくれます。(韓国式)

店内はこげ茶色を基調とした落ち着いた雰囲気で、

暗め照明でオルゴール音楽が流れており、とてもリラックスできる空間でした。

カーテンで仕切られた個室が10~5室あり、

連日留学生で満室の人気店です。

滞在中は5回ほど行きましたが、マッサージ師の質に大差はなく、

こまめに”Press OK?” と聞いてくれるので言いやすかったです。

日本人・韓国人のお客さんが多いのでサービスは良いほうだと思います。

 

 

YOBI SPA

 

20130617_592444

こちらは韓国系のスパです☆

留学校の韓国人のお友達の間でとても人気のスパでした。

マッサージ:P250

オイルの値段は忘れました><

こちらのスパも静かで友達と同じ部屋で受けました!

私はオイル+フェイス マッサージをお願いしました(*^^)v

マッサージ自体はすごく良かったのですが、空調が寒く、

凍えながら受けてたのを思い出しました…笑

 

 

NUAT THAI

 

images

 

セブ島内を歩いていると、こちらの青い何度か見ると思います。

チェーンのタイ式マッサージ店”ヌアッタイ”です。

 

7675467894_4afd40d3b4_z

 

店舗ごとに違ったサービスがあります。

アヤラブランチ店は、日本人オーナーなので人気です。

マッサージ:P250/1h (オイル付 P300/1h)

と値段も格安で人気です。

 

 

The SPA at CEBU

 

dsc1203

 

セブ内に4店舗ほどある、大型SPAです。

マッサージ:P700/1h ~

と比較的高め。

メニューの中には数千ペソのコースもあり、セブ内では高級のスパです。

しかし、

全メニュー、施設内の共用のサウナ、スチームサウナ、そしてジャグジーが無料で利用できるのです。

ご褒美にサウナなどいかがでしょうか♬

 

まとめ

 

やはり南国セブ!たくさんのマッサージ店があります。

私は去年2件いったのですが、マッサージのクオリティはほぼ日本と変わらないと思いました。

かなりオススメです。

お金を掛けずにキレイになれるチャンスですよ~♬

もしかしたら、出発前よりもキレイになるかも?!

 

韓国系・タイ系と、お店によってマッサージの種類が違ったりするので、

いろいろ行ってみるといいですね♪

 

この記事で紹介したもの以外にもたくさんあるので、

是非、女子力高いフィリピン女性に聞いてみましょう♪

 

見ていただいてありがとうございます!

次回は、

フィリピンのヘアサロン事情について記事を書きたいと思います!

 

 

このコラムを書いた人
原田 佳奈(Cathy)

原田 佳奈(Cathy)

1994年生まれ、大阪府出身。メイク・ファッションが大好きな、よくいる大学3回生。2年まで目標や夢が無く平凡に生きていた自分を変えたいと思い、2015年2月から2ヶ月間フィリピン留学を決意。英語を使って人と会話する楽しさを実感し、将来は海外で元々興味がある服飾系の仕事がしたいと思うようになり、まずは英語力をつけようとインターンを決意。新規ライターになりたい方はこちらから

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)