【費用】フィリピン・セブ島での海外インターンシップでかかる費用の総額はいくら?

こんにちは。セブターンの江浪です。

今回は、これまでで最も多かった質問に、具体的にお答えしたいと思います!

 

 

問い合わせ数No.1 「海外インターンの費用って一体いくらかかるの?」

 

海外インターンシップって実際どれくらいの費用がかかるのか、みなさんが最も気になる部分だと思います。

実際、お問い合わせいただく内容でダントツのNo.1が「費用って一体いくらかかるの?」という質問です。

 

結論から言いますと、かかる費用の総額は20万円〜40万円です。

 

今回セブターンではフィリピン・セブ島の海外インターンシップでかかる費用が本当に20万円〜なのかを徹底検証してみました。

 

条件は以下のように設定します。

 

・セブ島の某語学学校での海外インターン

・期間は6ヶ月

 

 

①渡航までにかかる費用

 

渡航費(往復)

 

フィリピンに入国する場合、事前に出国チケットも合わせて買っておく必要があります。

通常期だと3万円〜購入可能ですが、繁忙期(春休み、夏休み、年末等)や直前(1か月以内)だと10万円前後かかる場合もあります。通常期で2,3か月前に購入する場合、日本からの直行便で5万円程度です。

最近ではLCCのセールを利用して1万円〜2万円で往復できる格安航空券を買う方も増えています。

>>【初心者向け】フィリピン入国時に“捨てチケット”を使う方法を徹底解説!

保険代

 

保険は保障内容によって異なりますが、1か月1万円程度が目安です。

1か月8000円とすると、6ヶ月で約6万円ということになります。

 

 

②インターン中にかかる費用

 

授業料

 

無料で1日3時間または4時間の英語マンツーマン授業を毎日受けることができます。

 

 

食費

 

無料で1日3食の食事を食べることができます。(学校によっては1日2食や平日のみ提供の場合あり)

日系語学学校では日本食がメイン、韓国系語学学校では韓国料理がメインになります。

 

>>日系?韓国系?語学学校での海外インターンはどっちがいいの??

 

寮滞在費(掃除、洗濯含む)

 

無料で学校が所有する寮に滞在することができます。留学生と同じように、掃除や洗濯サービスも無料で受けられます。

 

>>1人部屋?4人部屋?海外インターン生のお部屋タイプ別メリットとは?

 

生活費

 

外食、旅行、交通費、日用品の購入などは実費になります。

個人差はありますが、1か月で2万円〜3万円くらいが平均のようです。つまり、6か月だと約15万円になります。

 

 

 

③VISA関係の費用

 

VISAの延長料金

 

2か月以上滞在する場合、ビザを延長する必要があります。2ヶ月目以降は1ヶ月ごとに延長が必要なので、6か月滞在する場合は約2万ペソ(=約54,000円)です。

 

 

SSP

 

フィリピンで英語の勉強をする場合に必ず必要なのがSSP(special study permission)です。

SSPは6,800ペソ(=約18,000円)になります。

※SSPの有効期限が6か月のため、6か月以上滞在する場合は再取得する必要があります。

 

 

ACR-Iカード

 

フィリピンに59日以上滞在する場合に必ず必要なのがACR-Iカードです。

ACR-Iカードは3,300ペソ(=約9,000円)になります。

 

 

ECC ※6か月以上滞在する方のみ

 

ECCはフィリピンで犯罪をしていないことを証明する証明書で、6か月以上滞在される方は手続きが必要です。出国の際に必要です。

費用は500ペソ(=約1,200円)と高額ではありませんが、手続きを忘れると出国できない恐れがありますので十分に注意してください。

 

 

※ビザ関係は補助がある学校とない学校がございます。各記事の募集要項にも掲載していますが、気になる方はお問い合わせください。

※ビザに関してはこちらの記事に詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください^^

>>フィリピン長期滞在予定の方必見!ビザの種類別《条件・費用》まとめ

 

 

④番外編

 

 

TOEIC受験費

 

セブ島、バギオ、マニラではTOEICの公式テストを受験することができます。毎月実施されており、結果も一週間で届きます。

費用は約2,200ペソ(=約5,000円)と日本とほぼ同金額です。

こちらの法則にしっかり則って勉強すれば、1,2ヶ月の留学、海外インターンで数百点UPも簡単です。

>>40日間で400点UP!?TOEIC受験者が絶対に知るべき4つの法則

 

お土産代

 

ほとんどのインターン生は帰国前にお土産を購入します。

定番はドライマンゴ(=1袋200円程度)やココナッツオイル(=1本500円程度)です。

目安としては合計で1万円程度でしょうか。

 

 

空港使用料

 

出国の際、マクタン空港で空港使用料750ペソ(=約2,000円)がかかります。

 

 

 徹底検証の結果、費用の合計金額は…

 

 

渡航費(往復) 50,000円
保険代 60,000円
授業料 0円
食費 0円
滞在費 0円
生活費 150,000円
VISA延長費 54,000円
SSP 18,000円
ACR-Iカード 9,000円
TOEIC(2回分) 10,000円
お土産 10,000円
空港使用税 2,000円
合計 363,000円

 

以上の概算をもとにフィリピン・セブ島での海外インターンシップにかかる費用を計算すると、363,000円になりました。

VISA(SSP、ACR-Iカード)の補助がある場合は282,000円

更に航空券をセールで購入したり、生活費を節約したり、TOEICを受験しないという方ですと20万円にまで抑えることが可能です。

 

20万円〜30万円となると、フィリピン留学1か月でかかる費用の総額とほぼ同じ金額です。

(授業料16万円+航空券5万円+保険代1万円+娯楽費3万円+ビザ代2万円+入学金、公共料金等2万円=29万円)

 

欧米留学は1ヶ月で約60万円はかかるので、6ヶ月のセブ島インターンシップ30万円と比較するとコストパフォーマンスの高さがより際立ちます。

 

 

まとめ

 

6ヶ月のフィリピン・セブ島での海外インターンの場合、かかる費用20万〜40万円程度

 

これはフィリピン留学1ヶ月〜1か月半でかかる費用に相当します。

 

もし、ある程度まとまった期間が取れるのであれば短期のフィリピン留学よりも、6か月以上のインターンの方をおすすめします!
 
その他にも色々と海外での滞在費用を抑えるテクニックがあります!気になる方は気軽に相談してきてくださいね!

 
>>フィリピンでの海外インターンシップ一覧
>>アジア新興国での海外インターンシップ一覧

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

 

このコラムを書いた人

江浪 啓典(Kei)

バギオでのフィリピン留学、セブ島の語学学校での長期インターンシップ、セブターンでのカウンセリングを通して数百人の英語学習、留学生活、海外インターン挑戦をサポート。セブターンを通して「一歩踏み出す大切さを伝え、思いっきり背中を押す」ため、日々奮闘中。新規ライターになりたい方はこちらから

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)