半年間の海外インターンシップ経験者が語る成長記録

 

海外インターンシップの期間は重要?

doubt-2072602_1280-min

海外インターンシップの期間を決める時に「3ヶ月間と半年間の海外インターンシップを比べた時、どんな違いがあるんだろう?」とか思うことありますよね。でも、そこには大きな違いがあります。実際に、半年間という長期間、海外で働くことで得るものはたくさんあります。今回は、半年間の海外インターンシップの成長について紹介します。

 

半年間の海外インターンシップで身につくもの

IMG_5686-min

海外インターンシップで身につくものは大きく分けて3つあります。1つ目は英語力。2つ目はビジネススキル。3つ目は困難と向き合う力です。これらは、海外インターンシップをすると身につく力ですが、半年間ではどれほどみにつくのでしょうか?1つずつ説明していきます。
 

実践で使える英語力

英語力は、インターンシップ期間に比例して上達していきます。実際に半年間の海外インターンシップをした人はTOEICのスコアでいうと、400点近く上がっています。これは、英語にふれる期間が長くなるという理由もありますがそれだけではありません。半年間も海外インターンシップをしていると、任される業務内容も複雑なものになります。そして、それとともに使う英語も高度になっていきます。業務を任されるようになるのが大体4ヶ月位です。だから半年ほど海外インターンシップすれば、英語力の上達は見込めます。インターンシップ先によって、仕事を任されるようになるまでの期間は違いますので、しっかりと確認する必要があります。
>>【実録】海外インターン6ヶ月でTOEICを400点あげた方法

 

主体的なビジネススキル

海外インターンシップをすることで、ビジネス力は身につきます。仕事の進め方や、ビジネスコミュニケーションなどの基礎部分は身につきます。でも、インターンシップが短期間の場合はインターンシップ受け入れ先も必然的に単純な業務を任せることが多くなります。その理由は単純で、インターンシップ期間が短い人をしっかりと育てていると、やっと業務を覚えた頃に、インターンシップ期間が終了してしまいます。だから、短期間だと基礎的な部分しか学ぶことはできません。その点、半年間の海外インターンシップだと、会社内の管理を任されるほどにもなりますし、それでマネジメント力も身につきます。その経験があると、就活で大きく役に立ったり、起業する際の力にもなります。やはり、スキルを学ぶための十分な期間がなければ重要なものは、身につけることはできません。もちろん身に付けたいスキルによって期間は変わりますが、最低でもそのスキルを身につけるためには、そのスキルを学ぶ事ができる業務に関わらないといけないので、それに見合った期間の設計が必要です。

 

困難と向き合う力

これは、短期でも身につくだろと思うかもしれませんがそうではありません。確かに、海外で働くことで今まで当たり前だったことがそうではなくなります。そこで苦悩することはあります。これには、期間は関係ありません。しかし、困難と出会うことは合っても、それと向き合う姿勢を身につけることはなかなかできません。困難と向き合うということは今後の人生を過ごすになかで、とても重要になってきます。長期間海外で過ごすことで、許容範囲が広がり、物事と対峙する力が身につきます。

 

半年間の海外インターンシップ体験談

 

語学学校で半年間の海外インターンシップ

20151014_97-min

U.Dさん
国名:フィリピン

・海外インターンシップを半年間した理由と感想を聞かせてください!
もともと、英語に興味があっていつか留学をしようと思っていました。でも、なかなか留学費用を貯めることができずにいました。そんな時に、セブターンで英語の授業を受けながらできる海外インターンシップについて教えてもらいました。しかも現地滞在費は無料だったので、半年間滞在しても費用はあまりかからずに済みました。私がインターンシップしていた語学学校は、いろんな国から学生が集っていました。だから、英語の環境が常にあったのでとても良かったです。半年間の休学を思い切って決意しましたが、はじめの不安も最後にはなくなりほんとに充実した海外インターンシップ経験ができました。

 

商社で半年間の海外インターンシップ

IMG_6040-min

Y.Tさん
国名:カンボジア

・海外インターンシップを半年間した理由と感想をお聞かせください!
僕は将来、海外で働くという目標を持っています。だから、学生のうちに英語漬けの環境で働く経験をしておきたいと思い、大学を休学しました。できるだけ日本語を使わない環境で働きたくて、それをセブターンに質問すると、カンボジアの企業を紹介してもらえました。実際に僕がインターンシップした企業は社内の公用語が英語で、文字通り英語漬けの環境で働く事ができました。英語力も上がったし、何より、海外で働きたいという気持ちがもっと強くなりました。このインターンシップ先で半年間働くことができて本当に良かったです。

 

大手人材企業で半年間の海外インターンシップ

photo1 (2)-min

I.Rさん
国名:ベトナム

・海外インターンシップを半年間した理由と感想をお聞かせください!
僕は、市場が急激に拡大しているアジアでビジネス経験を積みたくて海外インターンシップを半年関することにしました。というのも、将来的に企業を考えているので、経営者の近くで仕事ができる絵画インターンシップには非常に魅力を感じていました。実際に働いてみると、自分が考えているよりも仕事はとてもしんどくて、現実を知リました。そして、今まで重要だと思っていたスキルはあとで身につくもので、今は仕事と向き合うための力が必要なんだと知ることができました。はじめは、海外インターンシップは3ヶ月にしようと思っていたんですが、半年間にして良かったです!そのおかげで大切なことを学ぶことができました。

 

おすすめの半年間の海外インターンシップ

office-1209640_1280-min

半年間の海外インターンシップにおすすめのインターンシップ先は下記のリンクから確認できます!

>>【大人気】長期海外インターンシップ3選
>>【保存版】おすすめ海外インターンシップ先BEST8選

その他にも、有給インターンシップや、ビジネスを学びたい人向け、英語漬けの環境で働きたい人向けの海外インターンシップ先もあるので、思い立ったらどんどんLINEなどで相談しましょう!

 

半年間の海外インターンシップの費用

 
Pasted image at 2017_05_15 06_50 PM-min

半年間でかかる海外インターンシップ費用は受け入れ先によって様々ですが、セブターンの場合は滞在費、食費が無料のインターンシップ先を多く抱えています。そのため、トータルでみると非常に費用を抑えることができます。半年間という長い間、海外に滞在する場合は、無駄な費用をかけずに、できるだけ費用を抑えて生活できるようにすることが大切です。
 
セブターンでは、有給の海外インターンシップもありますので、海外インターンシップを検討している人は要相談です!
 

半年間の海外インターンシップに行く前の事前準備

hands-1373363_1280-min

日本での英語学習

海外インターンシップは、実践的に英語を使うことが求められます。相手に伝えなければいけないことや、内容をしっかりと聞き取らなければ、業務に支障をきたします。そのため、留学よりも緊張感と責任感があり、英語を上達させるのに効果的な方法です。海外インターンシップは英語を上達させるために、非常に効率的な環境があります。しかし、英語の伸びしろは海外インターンシップ開始時の自分の英語力に大きく関係します。インターンシップ開始時に英語を話せなかったら、もちろん日本語の業務しか任せてもらえません。そうなると、業務内容も簡単なものになるので、自分が求めるビジネススキルも身に付けれないかもしれません。最初からスタートを切るためにも、日本にいるうちに英語の勉強をしておくことをおすすめします。
>>英語学習には辞書アプリがかかせない!電子辞書より有料辞書アプリがおすすめです!!

 

海外インターンシップの目的設定

海外インターンシップの期間や行き先を決める前に、まずは海外インターンシップの目的が何なのかを決めましょう。目的を決めることもなかなか難しいですが、これを決めないと次に進めません。英語を学びたいのか、ビジネスを学びたいのか、両方なのか?

例えば、海外インターンシップの目的は、営業力を身に付けること。目的が決まれば、次は営業力を身につけることができるインターンシップ先を選びます。次に期間を決めるのですが、これを決めるのはなかなか難しいです。もちろん経験が無いことなのでどれくらいの期間から営業に関わることができるのかわからないですよね。期間に関しては、相談をすることが大切ですが、正直、1ヶ月間で営業力を身につけることは難しく、半年間インターンシップすれば、スキルを定着することができます。もちろん受け入れ先の企業によっては1ヶ月で仕事を任されるところもあるので、スピード感を求められる方は要相談です!
 

まとめ

child-1721906_1280-min

せっかくの海外インターンシップなので、中途半端で終わることは絶対いけません。目的をしっかりと持って、適切なインターンシップ先を選びましょう。インターンシップ先の仕事内容など自分で決めれないことはたくさんあるので、海外インターンシップのミスマッチを起こさないためにもLINEなどでどんどん相談してくださいね!何でもお答えさせていただきます!

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
佐々木 清聡

佐々木 清聡

大学2年次に大学を休学し、フィリピン留学、インドでの長期インターンを経験しました。『日本で当たり前だと思っていたことが、通用しない』これが私の海外生活の印象でした。自分の知らない世界に飛び立つ皆様のお力添えができるように親身にサポートさせていただきます!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)