【激白】海外インターンシップに意味はあるのか?

 

海外インターンシップを行う意味とは

費用を抑えて英語を学ぶ

海外インターンシップを行う意味は多数ありますが、1番に挙がるのは英語を勉強するということです。しかも、海外インターンシップでは費用を抑えることができるので留学よりも手頃に行うことができます。つまり、留学の代わりに費用を抑えれる海外インターンシップを行うということです。海外インターンシップは実際に働くので留学のように自分のためだけに時間を使うことはもちろんできません。留学のつもりで、海外インターンシップを行うとせっかくの海外インターンシップの恩恵を全部受けることができません。海外で働くということを意識することで、海外インターンシップが非常に大きな意味を持ちます。だから、留学の代わりで行くという気持ちだと、仕事にしんどさを覚えて、逆に主体的に英語を話さなくなるかもしれません。

 

就活のためにビジネス経験を積む

インターンシップは就活を視野に入れて行なうのがメジャーとされます。海外インターンシップは国内と違って、海外で英語を使ってビジネス経験を積むので「グローバル人材」という称号が身につきます。ただ、海外インターンシップをしたからグローバル人材になれるわけでは無く、成果を残して初めてなることができます。グローバル人材とは、自国、外国問わず成果を出すことができる人材であり、就活でも企業が評価するのは、海外インターンシップ経験がある人では無く、そこで成果を残したグローバル人材です。だから、海外でビジネス経験を積みたい人はグローバル人材を目指して、成果をとことん意識してください!

 

現地生活を満喫するため

「現地生活を楽しむことを目的にするな!現地生活なら海外旅行で十分だ。」なんて言う人が多いですが、僕はそんなことないと思います。海外インターンシップの目的を強制するつもりはないし、費用を抑えれる海外インターンシップを活用するのがいいと思います!だから、現地でただ遊ぶことは意味が無いと言う人もいるけどそれはあくまでその人にとっては意味がないだけで、自分が意味があると思えば、それは立派な目的になります。現地で生活をすることが目的なら、とことん現地と触れ合うようにしましょう。

 

留学後に、実践で英語を使うため

海外インターンシップを実践の場として使う人もいます。これは、語学学校で勉強した英語を実際に海外インターンシップ先で使うことでさらに磨きをかけることを目的とする場合が多いです。なので、主に英語力の向上が目的になるのですが、これは、とても効果があります。学校では、ある程度成り立っていない英語を話したとしても問題ありません。しかし、実際に働くとなると相手にしっかりと伝わる英語を話さないといけません。そこで自分の未熟な部分を見つけることができるので、有効的です。

 

意味のない海外インターンシップで終わってしまうタイプ

away-542479_1280-min

目的がない

先程説明したのが、海外インターンシップの目的ですが、目的がない海外インターンシップは本当に意味がなくなってしまいます。この目的を持てば海外インターンシップは成功するというようなことはなくて目的はなんでもいいんです。ただ、目的があってそれにそって進むことが大切です。よっぽどのことが無い限り、目的が無く海外インターンシップをすることは無いです。でも、問題は海外インターンシップ中に目的を忘れてしまうことです。目的を忘れてただ働くことはもったいないです。それでも、英語力は向上しますし、日本ではできない経験ができますが、海外インターンシップ終了後に、次の道が見えなくなってしまいます。そうなると、海外インターンシップをしている意味がなくなってしまいます。目的を持つこと、見失わないことが実りある海外インターンシップをするための秘訣です。

 

作業者になる

これも、目的と関連のある話なのですが、海外インターンシップではただの作業者になっては意味がありません。これは別に働くことを悪く言っているわけではなく、考えることを辞めてただ手を動かすことが意味が無いということです。海外インターンシップは学ぶことがいっぱいです。自分ができることもいっぱいです。とにかくいっぱいあるんです。だから、海外インターンシップでは、思考停止ロボットになってはいけません。と言うより、もったいないです。できるできないは考えずに、したいしたくない、をベースに考えて動くようにしていきましょう!

 

日本と変わらない環境

これは、環境と心境の両方に言えます。海外インターンシップ先の環境が日本人だけだった場合、海外インターンシップをしている意味がないですよね。これは海外インターンシップ先を決める段階で確認しておく必要があります。せっかくの海外インターンシップなので受け入れ先の企業の環境のせいで上手いこと行かないなんてことが無いようにしましょう。これが環境による影響で意味のない海外インターンシップになってしまうパターンです。次に心境についてです。海外インターンシップでは、日本とは違う環境で現地人と働くことになります。だから、積極的に現地人とコミュニケーションがとれる環境があるんです。でも、中には恥ずかしがって日本人社員とばかりコミュニケーションを取る人もいます。これだと海外インターンシップを行う本当の意味がなくなってしまいます。なんだかもったいないですよね。環境と心境の両方を整えてやっと意味のある海外インターンシップになります。

 

意味のある海外インターンシップに昇華できるタイプ

child-1930576_1280-min

当事者意識を持つ

意味のある海外インターンシップにするということは、意味のある海外生活を送るということです。意味のある海外生活を送るには、自分自身の行動に意味がなければなりません。海外インターンシップ中に、ただ言われたことをしているだけだと、自分がしていることの意味を見失ってしまいます。だから。自分がしていることはどんな意味があるのか、じゃあ、どうしたらもっと良くなるのかということを考えて意味を持つことが大切です。これが当事者意識を持つということです。当事者意識を持って働くことで、海外インターンシップは実りあるものになります!

 

自分の意志を伝える

働く上で、自分の意志を伝えることは大切です。海外インターンシップで意味を見失ってしまう人の典型的な例は、ただ指示に従う人です。指示に従うことは大切です。でもそれを自分がしているという意識がなければ、単なる労働になってしまいます。だから、海外インターンシップをする上で自分の意志を理解し、相手に伝え、行動してください!そうすることで、意味のある海外インターンシップにすることができます!

 

海外インターンシップ先をしっかり決める

海外インターンシップ先で主体的に物事を考えて実行することで意味のある海外インターンシップ生活を送ることができます。でもその前提に、頑張りたいと思える海外インターンシップ先を選ぶ必要があります。インターンシップ先の環境が全然よくないと頑張ろうにも頑張れません。だから、海外インターンシップ先を選ぶ際は、できるだけ自分の理想と目的にあったところを選びましょう。海外インターンシップ先の環境が、インターンシップの充実度に大きく影響することは忘れないでください!海外インターンシップの探し方は下記を参考にしてください!

>>絶対に後悔しない海外インターンシップの探し方

 

まとめ

海外インターンシップを行う意味は、就職活動のためや英語力の向上など様々です。インターンシップを行う人の数だけ意味があります。そして、その意味、つまり目的を持つことが海外インターンシップでの成果につながります。だから、自分は意味のある海外インターンシップを行うんだ、なぜなら○○だから!!と胸を張って言えるように「自分がしたいことは何なのか?」「なぜ海外インターンシップを行おうと思ったのか?」を考えておくようにしましょう。それが意味のある海外インターンシップ生活を送るための秘訣です!どんな目的がいいのか、自分の目的はあっているのか、自分にとって意味のある海外インターンシップ先はどこなのかという疑問があれば、質問しておくことをおすすめします!

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
佐々木 清聡

佐々木 清聡

大学2年次に大学を休学し、フィリピン留学、インドでの長期インターンを経験しました。『日本で当たり前だと思っていたことが、通用しない』これが私の海外生活の印象でした。自分の知らない世界に飛び立つ皆様のお力添えができるように親身にサポートさせていただきます!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)