【経験談】フィリピン留学における学校選びの重要性

フィリピン留学の学校選びの重要性

Holiday1-min
近年、留学の第一選択としてフィリピン留学が普及している。それに伴い、フィリピンの中にたくさんの語学学校が設立され、留学生にとっては学校選びが重要となってくる。せっかくの留学を貴重な経験にするためにも自分の目的・能力にあった学校を選びたいですよね。自分の英語能力、目指すビジョンに適した学校を選ばないと、時間とお金を無駄にしてしまう可能性があります。ここではフィリピンで学校を選ぶ上で大切なものをご紹介したいと思います。

 

 

 

フィリピン留学の目的を決める

Native 1on1-min
まず、学校を選ぶ前に大切になるのが、留学の目的です。何のために留学をするのか、将来どのようなことをしたいから今留学するのかを自分の中で明確にすることが大事になってきます。特に、社会人を経て、これからのキャリアアップやスキルアップを目的としている方には具体的な目標を持つことがたくさんある語学学校の中から自分にあう学校をピックアップするのに必要になってきます。

 

次に大切なことは自分の留学中の勉強スタイルを考えることです。フィリピンの語学学校では1日ガッツリと勉強するカリキュラムになっているスパルタ学校や、逆にアクティビティをメインに構成している学校など様々あります。自分の勉強スタイルに合う学校を選ぶことも大切になります。
また、実際に学校へ行った生徒たちがどの程度英語能力が上がったか、調べられる範囲で把握することも大切です。いくら学費が安い、施設が良いといっても英語能力が伸びないのでは留学の意味はありません。学校側が的供する情報の他にも、生徒たちの声、口コミも大事な判断材料になります。

 

 

 

フィリピン留学のゴールを決める

先程の留学の目的と繋がりますが、留学を終えたときの自分を想像してみましょう。どのくらい英語が使えているか、仕事として活用できているのか、自分にとってのゴールを考えてみましょう。もし、仕事で英語を使う方でしたら、最低限英語でメールのやり取りができることや電話応対ができるなど具体的に決めましょう。また、履歴書にも記載できるTOEICのスコア獲得なども明確なゴールとして良いと思います。渡しの場合、IELTSのスコアを「6.0」取得することが目的でありゴールでした。

 

 

 

フィリピン留学で妥協してはいけないポイント

スクリーンショット 2017-07-10 8.01.47-min
私はたくさんある語学学校の中から上記のように厳選して学校を決めました。その時、妥協してはいけない点が3つあります。

 

1つ目は、学校の先生の質です。導入でお話しましたが、フィリピンの中で語学学校が増えてきた分、先生の数も増えてきています。つまり、質の高い先生もいれば低い先生もいる可能性があるということです。実際に現地に行き、授業を受けてから「先生が合わない」や「先生のレベルが低い」などと悩むようではせっかくの留学が無駄になってしまいます。 最近では、学校側はや雇う先生の基準を明記し、実績やキャリアなどを記載している学校があります。私の場合も、IELTSのスコアを満点取得している先生を見つけたことも、その学校を選んだ1つの理由でした。

 

2つ目は、セキュリティーです。治安は比較的良いと言われていますが、たまにニュースなどでフィリピンは取り上げられています。学校に警備員はいるのか、食事はどのように提供されているのか、ヘルスケアはされているのかなど、安心して勉強に打ち込む上で安全面は大切だと思います。学校によっては、月に数回ドクターが学校に派遣されて定期検診を行ったり、万が一病人が出た場合は、病院と連携して速やかな手続き・対処をおこなうなど徹底されています。

 

3つ目はマンツーマンレッスンの時間です。これは学校のホームページなどでカリキュラムなど確認することができますが、1日の中でどのくらいマンツーマンレッスンがあるのかチェックします。私が行った学校では1日4コマ(50分×4回)がマンツーマンレッスンで、2コマがグループレッスンでした。比較的、このバランスは平均的かと思いますが、なかにはグループレッスンのほうが多いカリキュラムもありますので、自分に合う1日の授業スタイルは事前にチェックしておくべきかと思います。
  
 

 

 

フィリピン留学おすすめの学校と体験談

 

Cebu Pelis Institute(CPI) 

IDEA-CEBU-min-e1492862671414
こちらの学校ではTOEICやIELTS、TOFELに特化したコースがあり、セミスパルタ式のカリキュラムになっています。また、特に日本人に弱いスピーキング能力に力を入れており、スピーキングを特に強化したい方にはおすすめの学校です。生徒たちの体験談からは学校の講師について多くの良いコメントがあります。講師として就任するために厳しい審査基準が学校にあり、質の高さが評価されています。また、平日はしっかりと勉強し、週末は先生方と外へ出かけるなど、生徒と講師の距離感も満足との声が多くあります。

>>Cebu Pelis Institute(CPI)ページへ

 

 

IDEA CEBU

施設外観-min
こちらの学校は日本資本の学校であり、日本人スタッフも多く常駐しています。
セミスパルタしきであり、門限なども厳しく設定されており、また、毎朝の単語テストの点数次第では外出禁止など徹底しています。自己管理に不安がある方や、ガッツリ勉強したい方にはおすすめの学校です。カリキュラムもビジネスのコースなどもあり社会人のかたに適したコースもあります。最近提供されているカランメソッドも導入しているため、スピーキング向上を目指す方もおすすめです。日本人スタッフが多いことからも、安心して勉強ができることや、何かあれば相談次第で柔軟かつ迅速に対応してくれる(コースや講師の変更など)声が多くあります。

>>IDEA CEBUページへ

 

 

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
久保田裕司

久保田裕司

現在、オーストラリアの大学で医療の勉強をしています。海外の大学進学のためにIELTSに奮闘し、フィリピンへ語学留学に行ったり、様々な先生に試験の対策などを教えていただきました。IELTSへの勉強方法やフィリピン、オーストラリアでの留学経験などをご紹介できればと思っています。よろしくお願いいたします!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)