【経験談】30代からでもフィリピン留学は遅くない?

30代のフィリピン留学について

013
現代はグローバル社会を進み、語学ができることは社会でも重要視され、また自分自身の視野を大きく広げることもできます。さらに、30代での留学は20代と違い、仕事でのキャリアアップやスキルアップ、または新たな道への第一歩と考えている方が多いと思います。裏を返せば、失敗のできない留学生活になるということです。私も30歳のときにフィリピンへ語学留学し、周りの若い留学生に混じって勉強をしていました。20代では気づけない、30代で行ったからこそ得られたことも多くあります。

 

 

 

30代のフィリピン留学事情

ciab(6)-min
30代ではある程度の期間、仕事を経験して自分ができること、できないことや今後必要なことなどが明確になってくると思います。つまり、明確な目標を留学に掲げて実現できる可能性があります。また、金銭的にも自分が仕事で稼いだお金を留学に当てる方が多いため、必死に勉強に打ち込むこともでき、留学中にとても大事になるモチベーションを維持することができると思います。

留学生の割合(年齢)以前では、留学生は10代、20代の学生が多かったですが、現在では30代の留学生も増えてきていると思います。もちろん、大半は20代ですが、私が行ったときも同年代や私より上の40歳近い留学生のかたも何人かいました。
実際留学したときに感じたことは、留学に年齢はあまり関係ないということです。多国籍の方と話していたり、アクティビティをしていても年齢の差を感じたことはありませんでした。

 

 

30代目線における学習環境

フィリピンではマンツーマンのレッスンスタイルを売りにしている学校が多いです。30代で留学した私としては、そのマンツーマンは非常にありがたかったです。20代のうちからコツコツと英語の勉強をして、約10年間仕事をした見切りをつけて留学される方もいるかもしれませんが、私の場合は英語をほぼ勉強しておらず、英語は高校の授業以来という状態でしたので、いきなりグループで他の人と混じって授業を行うより、私に合わせてくれた授業スピードとレベルで構成してくれたため、非常にやりやすかったです。また、各学校には様々なコースがあり、TOEICやIELTSに特化したコースもあれば、ビジネス英語に特化したコースなどがあり、自分が今後のために身につけたい内容がわかりやすく振り分けられています。学校を選ぶ段階で、今の自分と未来の自分をしっかり考えて、コースを選択することができます。
 

 

30代目線における生活環境

30代でフィリピン留学される方は自費で行かれる方が多いと思いますので、留学への金銭面も気になるところだと思います。フィリピンは物価も安く、日本の2分の1から3分の1くらいで食料品を購入することができます。週末のアクティビティも多々あり、それらもリーズナブルで参加することもできます。食事は学校側で提供されることが多く、カフェテリアなどで生徒たちと一緒に食事をします。1日3食、バランスを考えられた比較的日本人にも馴染みのある食事内容が多かったです。
また、仕事の休暇で短期留学に行く予定の方もいると思いますが、Wi-Fiもきちんと設備されているため、留学中でも日本と連絡をとりあうのには問題ありません。大量の動画をダウンロードすることは学校側から禁止されていたり、制限があったりしますが、その他では特に不便に感じることはありません。

 

 

 

英語が話せるかどうかは重要か?

クロマーツアーズ3-min
これから留学を考えている方の中には、日々仕事をしており英語の勉強をまったくしていなかった方や、少しでもコツコツと独学で勉強していた方など様々いると思います。よく、留学前に英語はある程度話せていたほうが良いのですか?と聞かれますが、私の経験上、授業が成り立つ程度は準備をしておくべきだと思います。現地ではマンツーマンで授業を行うことを考えますと、先生と会話をする必要があります。その時の、自分が話したいこと、聞きたいこと、わからないことなど意思を伝える必要があり、それが話せないとせっかくのマンツーマンの授業が無駄になってしまいます。

授業が成り立つ程度の準備とは、私が留学して感じたことは、

 

①私は〇〇と思います/考えます  I think 主語 動詞
②この意味はなんですか?   What mean is this ~?
③〇〇がわかりません   I don’t know why ~
④やっと理解できました  I got it / I understand」

 

最低限、これらを会話の中で使えると先生もこちらの考えていることなどを理解することができ、身のある授業内容になると思います。
最近では、インターネットの動画で実際の授業風景を見ることもできるため、実際に留学行く前にそれらを見てイメージを付けておくことも重要だと思います。

  
 

 

 

留学期間は何ヶ月がベストか?

ミーティングの様子
学校によりますが、短い期間ですと1週間からコース提供をしていますので、仕事の合間の休暇で留学を考えている方には便利だと思います。しかし、実際に英語能力が伸びるかというとなかなか難しいと思います。現地の先生や私の経験から考えますと、最低でも2ヶ月から3ヶ月は必要です。

 

留学してすぐに英語漬けの毎日が始まりますが、いきなり英語が話せるわけではありません。正直、最初の1~2周間はあまり変化を感じないかもしれません。この頃はまだアウトプットに必要な情報をインプットしている段階であり、脳が英語に順応していく段階です。私も3週間目からそれまで勉強してきたことがアウトプットできるようになるのを実感できました。

 

そしてその後の1ヶ月で日常生活や少し応用した対応などに適応できる英語能力がついた印象です。また、中には6ヶ月のコースを受講している方もいました。しかし、あまり同じ学校で長くいると慣れが生じてしまい、モチベーションを保つのが難しいとよく聞きました。つまり、3ヶ月の留学期間がベストだと思います。

 

 

何ヶ月でどれくらい英語力が伸びるか?

実際、私はIELTSのコースを2ヶ月うけました。最初はスコアが4.5~5.0の状態でしたが、留学後のテストでは5.5~6.0を取ることができました。IELTSは0.5のスコアを上げるのに10週間必要と一般的には言われていますが、マンツーマンのレッスンでテストのコツや対策などを直接学ぶことができ、短期でスコアアップをすることができました。また、同期で勉強していた仲間などはTOEICが250点ほどアップしていました。

 

 

 

30代の留学生のにおすすめの学校

IDEA-CEBU-min-e1492862671414

私はCPIに行きました。こちらの学校にはTOEIC、IELTSの特化コースがあり、またビジネス英語のコースもあります。それぞれマンツーマンレッスンとグループレッスンに別れています。自分の仕事に関連したキャリアアップに合うコースや必要なコースを選ぶことができます。また、敷地内に学校、宿舎、食事場、運動場が完備されており、24時間警備員も配置されているためセキュリティーも問題ありません。部屋は1人部屋、2人部屋、3人部屋と申込時に選べるようになっています。自分のペースで勉強したい方は1人部屋を選んで静かな環境で過ごすことができます。

>>Cebu Pelis Institute(CPI)ページへ

 

 

まとめ

30代だと遅い留学と思われがちですが、年齢は関係ありません。逆に、社会を経験し、仕事をしてきたからこそ、将来に向けた明確なビジョンをもって留学することができると思います。また、英語だけでなく、異文化とのふれあいや多国籍の生徒たちとの交流で新たな価値観なども得ることができるかもしれません。身につけた英語と留学で経験した価値観を持って、次にステップアップできると思います。

 

 

 

不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296
 

このコラムを書いた人
久保田裕司

久保田裕司

現在、オーストラリアの大学で医療の勉強をしています。海外の大学進学のためにIELTSに奮闘し、フィリピンへ語学留学に行ったり、様々な先生に試験の対策などを教えていただきました。IELTSへの勉強方法やフィリピン、オーストラリアでの留学経験などをご紹介できればと思っています。よろしくお願いいたします!

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)