【完全保存版】トビタテ留学JAPANの倍率推移~狙い目コースはコレだ!~

トビタテ!留学JAPANとは

政府だけではなく、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。政府と民間企業において、『グローバル人材』へ挑戦する方へ全面的に応援しているプロジェクトです。
どういった支援内容か簡単にいうと、、、

留学費用(生活費含む)を全面的にサポートしてくれる給付型奨学金のサポートをしてくれます!

はっきりいって、留学の一番ネックになる『費用』が無料になるということで、これは使わない手はありません!

ただやはり選考があり、人気のため高倍率…今回は各コース毎に倍率調査し、狙い目となるコースはどこか徹底解明しました。

 

 

トビタテ!留学JAPAN(大学・大学院生コース)の倍率

【全体】応募人数・倍率推移

 

説明会資料はこちら

 

 

理系、複合・融合系人材コースの倍率推移

日本再興戦略や産業界のニーズに合った理系分野における留学を支援。
先端領域における研究等特徴のある取組を支援

 

 

新興国コースの倍率推移

新興国において学修、インターンシップ、フィールドワーク等
<想定される国、地域(例)>
東南アジア(ASEAN)諸国、南アジア(SAARC)諸国、中東諸国、アフリカ諸国、中南米諸国等
※留学計画の過半の期間、新興国において活動すること。
※人文・社会科学系分野が対象。
※理系分野、複合・融合系分野で新興国へ留学するプランは理系、複合・融合系人材コースで応募。

 

 

世界トップレベルコースの倍率推移

世界大学ランキングで上位100位以内(※国内ランキングや学部等の専門分野別の大学ランキングは含みません)に位置する等、諸外国におけるトップレベルの大学などで、世界中から集まった優秀な学生とせめぎあいながら、高度な教養や専門性を身につけることを目的とした留学を支援。

 

 

多様性人材コースの倍率推移

各々の分野や活動において、今後の活躍が期待できる学生の留学を支援

[想定される人材例]
スポーツ、芸術等の多様な分野で活躍が期待される人材
起業や国際協力等を目指して活動をしている人材等
※分野・留学地域は問いません。

 

 

未来テクノロジーコースの倍率推移

「理系、複合・融合系人材コース」の中でも、以下の分野について興味を持ち、学ぶ意欲がある学生のための特別枠です。
【対象分野】AI(機械学習等)、データサイエンス、ロボティクス、IoT、オープンソースソフトウェア、情報セキュリティ/サイバーセキュリティ、AR/VR、スーパーコンピューティング/量子コンピューティング

 

公式HPはこちら
 

 

トビタテ!留学JAPAN(高校生コース)の倍率

 

 

分析結果として狙い目コース

未来テクノロジーコースの直前期倍率が1.4倍
理系、複合・融合系人材コースの直前期倍率が2.3倍

と相対的に低い結果となっています。
やはり理系人材、AI人材といったエンジニア系人材が日本では不足しており、国としても全面的にバックアップしたいといったことの現れではないでしょうか。

一方で多様性人材コースの直前期倍率が6.6倍と理系人材コースの約3倍という高倍率
かなりハードルが高いですね…

ただ自分の理想や夢に適したコースに応募することが夢へ近づく一歩だと思います。

 

>>トビタテ留学JAPAN面接対策!合格者が対策ポイント伝授~実際のプレゼン資料配布~
 

 

このコラムを書いた人

宮下 宗(So)

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)