【徹底比較】フィリピンの物価・生活費の9ジャンル調べてみた

フィリピン人の平均給与

フィリピンは近年貧富の差が大きくなってきていて、給与に関しても雇用形態や働く職種によって様々です。まず市役所などで働く公務員は月6,000ペソ(約12,500円)~10,000ペソ(約21,000円)で、役職に応じて金額が上がっていきます。ジョリビーやマクドナルドの店員は約6,000ペソ~7,000ペソコールセンターでは月20,000ペソ(約22,000円)英語講師は月10,000ペソ~15,000ペソ(約31,000円)といわれています。

 

 

 

フィリピンの物価・生活費を調べてみた

レストラン代金

外国人が好むキレイでおいしいレストランは、一食1人分で約200ペソ(約400円)~400ペソ(約800円)。日本で食べるのとあまり変わらないくらいですね!

| MANGAN-halian Tayo | Balay Ilocos Casa Norte at SM City Fairview Foodcourt offers these Combo Mangan Meals from Mangan1 (Vegeteble, Meat, Rice and Soup) for only PHP120.00; to Mangan2 (2 meat dishes, rice and soup) for only PHP140.00 and to Mangan3 (2 meat dishes, 1 vegetable dish, rice and soup) for only PHP160.00 | You can choose from their sumptuous selection of local authentic Filipino dishes of the North | Masarap Mangan-halian kapag ganito kasarap ang mga ulam sa hapag kainan | Kain po tayo |

A post shared by @ doromamu on

しかしショッピングモールのフードコートやトロトロといわれる庶民的な食堂でご飯を食べれば、一食一人分で約50ペソ(約100円)~100ペソ(約200円)で済んじゃいます。ファストフードはセットで約100ペソ程度。ジョリビーはフィリピン人大好きです!

 

 

カフェ代

フィリピンにはStarbucksがもちろんありますが、それよりもBo’s Coffeeの方が現地人にポピュラーです。

Thank you for dropping by #boscoffeeqatar . Regrann from @kittinifique – Oh Yes! Bo's Coffee has finally made its way here in Doha. This coffee chain is originally from Cebu City, Philippines, which is where my mom is from. With the rise of a variety of coffee and specialty coffee here in Doha, I am glad to know that we can now have a taste of home grown coffee. If you happen to be by Bin Omran, give these guys a visit… . . . . . . . . #boscoffee #boscoffeeqatar #cebu #atasteofhome #homegrown #cafelife #coffeecoffeecoffee #coffeehouse #coffeelover #coffeeshop – #regrann

A post shared by Bo's Coffee Qatar (@boscoffeeqatar) on

こちらでは一番スタンダードなホットコーヒー(レギュラーサイズ)が105ペソ。フィリピンはWi-fiも充実しているカフェが多く、ちょっと一息ついたり作業をするにも最適です。

 

 

携帯代・インターネット代金

フィリピンではプリペイド式の携帯が主流です。Promoと呼ばれる電話無制限やメール無制限のプランが充実しており、上手にプロモを利用すれば月の携帯料金は300ペソ(約600円)で収めることも可能です!

#OneDayIsNotEnough for unlimited all-network text. Subscribe to #SmartAllText30Plus with TWO days of unli all net text + 30mins of call to Smart/TNT! Text AT30 to 2827.

A post shared by SMART (@livesmart) on

インターネットはPocket Wi-fiタイプで月999ペソ(約2000円)、無制限利用可能なPromoがあります。

 

 

光熱費用

電気代は少しお高めなフィリピン。住む地域にもよりますが、1人分月800ペソ~1500ペソくらいです。冷蔵庫を利用しているかやエアコンを利用しているかで大きく変わるかも!またガスはプロパンガスを利用します。12kgほどのガスで約800ペソで、2か月くらい持ちますよ。水道も地域によりますが、月200ペソ~500ペソ前後です。

https://www.instagram.com/p/BSTHsrgl1Od/

 

 

住居費用

マニラやセブシティなどの都会のアパートメントに住むと、月20,000ペソ(約41,000円)以上になることがほとんどですが、地方都市であれば月10,000ペソ(約20,000円)程度でいい物件に住むことができます。しかし値段だけではなくて、セキュリティ面や立地面など十分に配慮して住居を決めるようにしましょう。

3 bedroom 3 bathroom house for rent/sale in Lapu-Lapu City Cebu. Very near from top class beaches in Cebu and a 10 minute drive from the commercial district. DM or email us at: investments.propertycebu@gmail.com #cebuhouseforrent #cebuapartments #forrent

A post shared by CebuHouse ForRent (@cebuhouseforrent) on

 

 

洋服代

Forever21やH&M、ユニクロなどはフィリピンでは高級なブランドといえるような価格設定になっています。日本と同じか少し高いくらいなんです!そこでフィリピン人が向かうのが”ウカイウカイ”とよばれる古着屋さん。ここでは掘り出し物の洋服が100ペソから400ペソほどで売っています。お宝を探しにウカイウカイにいってみよう!?

https://www.instagram.com/p/BhoFezBgogw/

 

 

レジャー・アクティビティ費用

ダイビング天国のフィリピン!お値段もかなりお手頃で、1ダイブ1,800ペソ(3,600円)程で、本数が増えるごとに価格は安くなります。この機会にライセンスをとってもいいですね!

Like aquarium! #siquijor #scubadiving #macrophotography #シキホール #水中写真 #lastfrontierdivehousereef

A post shared by lastfrontierdive (@lastfrontierdive) on

 クラブなどのナイトレジャーにおいても、日本と比べて割安です。
エントランスで100ペソ程度、ドリンクも100ペソ~と値段を気にせずに十分楽しめそうです♪

 

 

交通費

タクシーは初乗り40ペソからと気軽に使える価格設定です。ただ、メーターを倒さなかったり先に高い金額を伝えてその金額で行こうとするドライバーがいますので、必ず出発する前に確認しましょう。ジープニーやトライシクルなどフィリピンならではの乗合交通は、8ペソからととても安いのですが、ルートやシステムが複雑なのでフィリピンでの生活に慣れてきたらチャレンジしてみましょう!

#geepney in #phlippines #sunday #businesstrip #菲律賓 #出差 #每天都增廣見聞 #覺得充實

A post shared by Snowy Huang (@pinkysnow) on

 

 

その他生活費用

飲料水はガロン買いがスタンダードです。容器は約200ペソ(デポジット)で、水はなんと20ペソ~40ペソとめちゃくちゃ安い!もちろん品質には問題ありません。コンビニで売っているミネラルウォーターよりもかなりお得ですよ。

 

 

安すぎる!フィリピンでゼッタイ買っとくべきもの3選

ヴァージンココナッツオイル

On hand: Human Nature Pure Virgin Coconut Oil Php299.75 (200ml) ✔Light and fast absorbing ✔Calms very dry, highly sensitive skin ✔Smoothens rough, abused hair ✔Pure and cold pressed #humannature #virgincoconutoil #VCO #mommyneedsonline #babyneedsonline #humannatureVCO #onhand #purevirgincoconutoil #madeinthephilippines #supportlocal #lokalph #naturalproduct

A post shared by Mother Nurture Meycauayan (@the_mommy_store) on

日本で少し前に大ブームになったヴァージンココナッツオイルですが、なんとフィリピンはココナッツの生産量が世界第二位なんです。そのおかげで現地ではとても安価に手に入れることができます。体に塗るのも食用として利用するのもどちらもOKな高品質のココナッツオイルが、100mlで100ペソ程度の金額で買うことができます。様々なサイズがあり、お土産としても重宝しそうですね♪

 

 

モリンガ茶

https://www.instagram.com/p/BDM-xIYRPjb/

こちらも現在日本でひそかなブームになりつつある、『奇跡の木』と呼ばれるモリンガを利用したお茶です。現地ではモリンガは料理などにも使われますが、外国人には乾燥させたものをお茶やタブレットにしたものが好まれます。SMモールなどでタブレットは1シート(10粒入り)60ペソ程度、お茶は250gのパウダーが400ペソ程度で購入することができます。日本で買うより断然お得!ぜひ試してみては?

 

 

アバカ雑貨

https://www.instagram.com/p/BhBB9XUBZtf/

アバカとはマニラ麻と呼ばれるフィリピン産の植物で、バッグや小物、履物などのあらゆるものに使われています。特にバッグやポーチなどは300ペソ~1000ペソで買うことができます。日本でこの値段で購入するのは難しいかも!?夏のファッションに欠かせないアバカ雑貨、好みのデザインがあったら迷わず Must Buy!

 

 

このコラムを書いた人

宮下 宗(So)

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)