信頼できるフィリピン留学エージェントを見分けるポイント7選

 

フィリピンの語学学校は多すぎる!

フィリピン留学に興味があるんですけど、学校が多すぎて分かりません。」という相談をよく受けます。そりゃそうだ、だって学校多すぎですもん。その数はフィリピン全土で500校とも言われています。

 

韓国系?日系?
セブシティ?マクタン島?
費用は?コースは?先生の質は?
 
08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 
僕も多すぎて選びきれなかったので、友達が通っていて2ヶ月でTOEICが350点伸びた学校に決めたという過去があります。今思えば何も知識も情報もない状態で、数十万円の費用と数ヶ月の時間を投資する学校を決めるのは非常に難しく、危険な選択でした。
 

 

留学エージェントの役割とは?

そこでお助け役として登場するのが留学エージェントと呼ばれる存在です。実はセブターンはフィリピン・セブ島の海外インターンの紹介だけではなく、40校以上の語学学校と提携して留学エージェントとしての役割も担っています。ではフィリピン留学エージェントの役割とは一体なんなんでしょうか?
分かり易く言うと、「フィリピン留学に行きたいお客様に、正確な情報を伝え、適切な学校をご紹介すること」です。ある人にとっては良い学校もある人にとっては良い学校ではないかもしれません。時期や目的、予算や英語力などによってもその人に合う学校は異なってきます。せっかく大きな時間とお金を投資するのならば、しっかりとプロのアドバイスを聞いて選ぶのが賢明でしょう。つまり、お客様の実りある留学のサポートをするのが留学エージェントの役割なのです。
 

 

留学エージェントって通したほうがいいの?

12092658_735389609926621_1844821341_n

 
留学エージェントを通すと余分に手数料を取られるのではないか、決まった学校しか紹介してくれないのではないか、という不安を抱く方もいらっしゃるでしょう。実際、手数料を余分に取っているエージェントや独占契約を結んでいる学校しか紹介しないエージェントは存在します。手数料を余分に取っているエージェントは論外ですが、独占契約校しか紹介しないエージェントは大手エージェントに多く判断が難しいです。もちろん信頼できるエージェントを見極める必要はありますが、知識も情報もない状態であればやはりプロにアドバイスを求める方が良いでしょう。ほとんどのエージェントは手数料は無料ですので話だけでも聞いてみるべきです。※セブターンも手数料無料(=各学校の正規料金)でご案内していますし、独占契約も一切結んでいないので、公平、中立な立場からあなたに最適な語学学校をご提案します。
>>安心!最安保証ページ

 

 

信頼できるフィリピン留学エージェントを見分けるポイント7選

 

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

 

1.カウンセラーがフィリピン留学を経験している

これは見落としがちですが非常に重要です。「そんなカウンセラーいないだろう」と思う方もいるかもしれませんが、実際存在しています。行ったことがあると言っても1〜2週間の体験留学程度ではカウンセリングをして大切な留学先決定をサポートする身としては明らかに不十分です。フィリピン留学がいくら格安とはいえ、数十万はかかりますし、時間もそれなりに投資することになるので、未経験の人になんか任せられませんよね。まだまだ発展の途上で、変化の激しいフィリピン留学。カウンセラー自身が実際にフィリピン留学を経験し、良い部分も悪い部分も熟知していることは絶対条件です。

 

2.返信や回答のスピードが早い

返信や回答のスピードが遅い留学エージェントはお客様第一の姿勢を忘れてしまっています。もし返信が遅れる場合は「調べてから回答します」なり「◯日後に改めてご返信します」なりの連絡を入れるのが普通です。いくら遅くとも3日以内に返信がない留学エージェントはまず利用しない方が賢明でしょう。とは言え、カウンセラーも人間ですので、返信や回答がしやすいような質問内容や書き方を心掛けるなどの配慮はしておきたいものですね。

 

3.悪い情報も包み隠さず話してくれる

フィリピン留学には良い部分がたくさんありますが、悪い部分もまたあります。学校ごとに特徴や制度も違えば留学している生徒さんの雰囲気や施設の充実度も全く異なります。シャワーの水圧やWi-Fiが弱かったり、利便性が良くなかったりと、HPだけでは分かりにくい細かい点もたくさんあります。その中で悪い情報も包み隠さずお伝えしてくれる留学エージェントは信頼できる可能性が高いでしょう。良い部分しか言わないカウンセラーにろくな人はいません。

 

4.言うべきことをハッキリ伝えてくれる

例えば「1ヶ月でTOEIC300点上げたいが、予算は20万円以内で行きたい」と相談した際に、きちんと「その予算で目標に到達できる学校はありません」と伝え、次の提案をしてくれるエージェントか、「自分次第では可能だと思います」といったような無責任な回答をするエージェント、どちらが信頼できるでしょうか。答えは明らかですよね。時には厳しいアドバイスや意見を言ってくれる人はいつの時代もありがたい存在です。

 

5.留学先決定を急かさない

留学先決定は本当に難しいことです。じっくり検討して悩んで決めたい方もいれば即決で決める方もいらっしゃいます。エージェントはそれぞれのお客様のタイプやご希望を見極め、一人ひとりに合ったサポートをしていくことが求められます。留学先決定を急かすのはお客様を大事に思っていない証拠です。留学先決定の目安は出発の4か月前〜2か月前です。エージェントに急かされて決めるのではなく、最終的にはご自身のタイミングで決定しましょう。

 

6,提携学校数が多く、提案学校数が多い

実は語学学校が運営してるフィリピン留学エージェントがあります。また語学学校先と独占契約を行い、コミッションが多くもらっているフィリピン留学エージェントもございます。そういった学校を提案したいのは当たり前ですよね。ぜひ一度聞いてみてください。「なぜオススメなのですか?」と。理由をきちんと確認してください。生徒目線ではなく、ビジネス目線で運営しているフィリピン留学エージェントは実に多いので気をつけてください。

 

7.細かく留学の目的を聞いてくる

フィリピン留学の学校選びには、本人の「英語レベル」と「目的」が重要です。例えば、既にTOEICが800点ほど持っており、フィリピン留学後はアメリカで海外インターンシップを行なう予定の人間。英語が全くの初心者で、どちらかとフィリピン留学は休暇目的の人間。留学先は明らかに違いますよね。なので、ヒアリングせずに、学校をプッシュしてくるエージェントは避けたほういいです。合う学校は人によって違います。しっかりと「英語レベル」や「目的」をヒアリングしてくるエージェントはしっかりとニーズを見出し、適切な学校を提案してくれると思いますよ。
 

 

効果的なフィリピン留学エージェントとの付き合い方

間違いなく言えることはフィリピン留学エージェントはフィリピン留学に行ったことのない人に比べると、情報はたくさん持っています。上手く有効活用しましょう。ポイントは以下の3点です。

フィリピンの基礎知識をつける

全く何もしらない状態だと、何を聞いたらいいのかわからないです。自分の判断軸、検索軸をしっかりと持つためにも事前に基礎知識は蓄えておきましょう。

 

メールなどのテキストの質問の場合箇条書きにする

だらだらと書いてしまいがちなのですが、何を質問し、何の情報が得体のか明確にする必要があります。手紙の様なやりとりですと、本当に知りたい情報がしれなかったり、何が知りたいんだっけ?とわからなくなってしまいます。

 

エージェントを自分の仲間にさせる

エージェントも人です。こっちの応援団として、サポートしてくれるような人間関係を構築しまししょう。特に連絡に対して雑に扱ったり、返信しなくなって、たまに返信するといった形にすると、相手に不快感を与えてしまいます。これだと応援しようとする気持ちがなくなって当たりまえですよね。

 

 

留学エージェントを信用しすぎると…現地情報の重要性

しかし、留学エージェントの広告やHPの内容を鵜呑みにしすぎると、このようなことを無意識にしてしまう可能性があります。
 

・聞いていたよりも講師の質が低い!

・聞いていたよりも校舎が古い!

・聞いていたよりも料理が不味い!

 
こんなことが絶対に起こらないように、留学エージェントはまず第一に正しい情報を得る必要があります。その「正しい情報を得る」という作業は、本来現地でしかできないことであり、地理的にも難しいことなのですが、エージェントとしての役割を担う以上、最低限努力しなければならないことであります。
 

 

留学エージェント一覧

▼左右にスライドしてご覧ください▼

留学エージェント 開始時期 運営会社 代表
セブターン 2013年11月 株式会社giobai 宮下宗
フィリピン留学ドットコム 2010年9月 株式会社ジージー 平田利行
グローバルスタディ 1975年 全研本社株式会社 林順之亮
transit 2015年11月 北浦康成
留学比較.com 2009年 株式会社JICC 千葉栄一
セブ島留学センター 2012年8月 株式会社グローバルリソースマネジメント 山田貴大
フィリピン留学.jp 2001年11月 株式会社エージェント 藤木秀行
留学ウェブダイレクト 株式会社ワールドプラス 堀川直彦
フィリピン留学ラジオ 2012年9月 中谷よしふみ
フィリピン留学ならまかせろ! 株式会社英語マンツーマン 宮村昭生
PANATAG 2015年3月 安達由恵
AAA 2014年8月 SAIコンサルティングジャパン株式会社 毛利豪
留学@フィリピン 株式会社トリプルファースト 中川友康
フィルイングリッシュ フィルイングリッシュ 梶野章
フィリピン留学ニュース 株式会社globe 下川雄大
セブ留学サポートデスクOZ 株式会社BARIKI総研 大坂俊介
留学情報館 2005年2月 株式会社留学情報館 大塚庸平
A1インターナショナル A1インターナショナル株式会社 髙橋吉昭
Start Study 2013年12月 Start Study 大島誠司
地球の歩き方 地球の歩き方
HIS HIS
セブ島英語マスター 2008年3月 エスアールディ株式会社 宮川稔基
フィルポータル 2016年2月 株式会社狼たちへの伝言 藤岡勇気
留学プロ(女性向け) 留学プロ株式会社 谷山佳那
スクールウィズ 2013年7月 株式会社スクールウィズ 太田英基
BROS ブロス留学センター 明吉貴雄
DMM 2017年3月 DMM
留学プロ 留学プロ株式会社 谷山佳那
セブ留学アカデミー 2015年5月 株式会社アナザーストーリー 早川峻
フィリピン留学情報センター 2005年5月 フィリピン留学情報センター 前野義君
SOU:DA 2014年11月 株式会社カジノエージェンシージャパン 藤岡勇気
HELP英語学校 茶谷武志
セブイチ 2002年1月 ノバリ株式会社 太田裕二
CEBU21 2005年5月 株式会社イージーグループ 趙文授
ファーストイングリッシュ 2005年12月 株式会社G-net 本多正治
MTSC留学センター 1996年3月 MTSC Brisbane Pty Ltd 石原智之
フィルジャ 株式会社EMBASSY EDU GROUP 朴正照

 

 

セブターンのとっておきの魅力

417be89995067c561d829d8f3716fcb8

セブターンとは

セブターンはフィリピン留学、インターンシップの唯一の総合留学エージェントです。
海外インターン先は約70社。フィリピン留学先は約80校のサービスを提供しております。

 

充実したサポート内容

フィリピン留学、海外インターンシップといったチャレンジを全力で応援させていただき、満足いただくために、セブターンではカウンセリング必須とさせていただいております。東京では個別相談会にてマンツーマンでカウンセリングいただき(遠方の方Skype対応可能)、すぐに不安や疑問を解消できるようメール、LINEでいつでも質問可能です。

→お問い合わせ
→LINEでのお問い合わせ

 

サポート実績

セブターンが発足し4年目となり、500名以上のカウンセリングをさせていただいております。唯一のフィリピン留学、海外インターンシップを総合的にコーディネートさせていただくエージェントととして、お客様より非常満足いただいております。
満足度アンケート
満足度アンケート (1)

 
満足した理由
満足した理由

 

海外インターン参加特典多数

セブターンでは海外へのチャレンジを応援したく、独自の特典を多数提供しております。また最安値保証をしており、安心してお申込みいただけ、留学中の万が一のトラブルに備え、海外保険サポートを提供しております。
特に大好評なセブターンCLUB特典への入会!海外へ挑戦している同士と繋がりを持つことができ、また既に海外と渡航を行っている先輩にアドバイスにのってもらうことも可能です!

 

圧倒的なコストパフォーマンス

Pasted image at 2017_05_15 06_50 PM-min
Pasted image at 2017_05_15 06_49 PM-min

上記は6ヶ月間のインターンシップの場合の例となります。
セブターンの海外インターンシップでは食費、宿代、英語授業代で3万円/月のみで挑戦することができます。滞在費、食費が無料のためトータルでみると、非常に費用を抑えることができるのが特徴です!また一見エージェントによっては料金体系を複雑にし、余計な手続費用として請求される場合がございますので、注意してください。
セブターンはわかりやすいようにインターンシップ参加期間1ヶ月につき、一律3万円といった料金体系、またそれ以外には一切に手続き上の費用がかからないので安心してください♪
留学に関しても最安値保証を謳っており、他社よりもどこよりも安く、また安全に、充実した留学生活を送ることができます。

 

 

セブターンの現地担当スタッフ紹介

そこで、セブターンにはとっても心強い現地担当のスタッフがいるのです。
 

agent
写真右、ピンクの服がお似合いの久世惇人くん(通称アツくん)です。あ、左でした。←
 
彼は休学2年目でセブ島の語学学校で2校留学を経験した後、オーストラリアでワーホリしたり、自転車でオーストラリアを一周したりしてたら気付いたらまたセブ島に戻って旅人のための語学学校でインターンをしていたという、ちょっと意味不明な男です。←彼にはその豊富な経験と行動力を見込んでセブターンにジョインしてもらい、学校視察や写真撮影、インタビューなどの重要任務をお任せしています。今もセブ島のどこかで学校や企業様を訪問してインタビューをしていることと思います。ほんとに頼もしい限りです! 現在は2人でカウンセリング、個別相談会を実施しています。セブ島でも個別相談会も実施していますので、フィリピン留学や海外インターンに興味がある人はぜひご予約ください^^

>>絶対失敗しない。フィリピン留学人気総合ランキング
>>海外インターン一覧

 

 

   不明点があれば、LINEでスグに相談♪

LUNE@バナー750×296

このコラムを書いた人

江浪 啓典(Kei)

バギオでのフィリピン留学、セブ島の語学学校での長期インターンシップ、セブターンでのカウンセリングを通して数百人の英語学習、留学生活、海外インターン挑戦をサポート。セブターンを通して「一歩踏み出す大切さを伝え、思いっきり背中を押す」ため、日々奮闘中。新規ライターになりたい方はこちらから

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)