金なし、コネなし、スキルなしの海外インターンシップ生がフィリピンでアプリ立ち上げ!?

 

初めまして、たけしです。神奈川の大学に通う4年生、就活生です。
今回は簡単に自己紹介と、フィリピンでの海外インターンシップに参加を決めた経緯について書かせていただいきます。参加を悩んでいる方の参考になればと思います。

 

自己紹介

img_1971-1

大学では心理学を中心に、その他汎用的なことを広く学ぶといった勉強をしていました。1年次にインドをバックパッカーとして巡り、3年次にフィリピンを訪れました。そして4年次、再度フィリピンに来きています。国際系でも理系の学部でもなく文系ですが、小さな頃からPCが好きで、IT企業への内定を目指して就活していました。海外でエンジニアとして働くという目標を掲げ、学習に励んでいます。洋楽と甘い物が大好きです。都内のクラブにてDJとしても活動しておりました。

 

私の英語力について


正直、聞き取るのが精一杯ですし、身振り手振りでやっと伝わる程度です。英語を話せるようになりたいと思う日々でした。Skype英会話に取り組むものの、語彙力の少なさと発音の悪さからか会話にならず断念。加えて、30分という時間を毎日確保することが出来ませんでした。続かなかった私にとって自分を変える方法は環境を変えることでした。そこで留学を決意しました。

 

英語を学ぶなら留学?

私の目標は海外で働くことです。ですが低スペックで生まれたので、金も親のコネも無いとなると、日本語だけで諸外国を渡り歩くのは難しいでしょう。一先ずフィリピンへの語学留学を考えました。しかし一人暮らしをしている身分、フィリピン留学費用が金額だったため断念せざるを得ませんでした。(同じ境遇の方も多くいると思います)金銭的な理由から同国でのインターンシップという選択に至ったわけです。

 

フィリピンで海外インターンシップ

インターンシップは留学と比べ負担が少なく抑えられます。実際に参加してみてわかったことですが、”仕事”として参加するため、1日の濃度が半端じゃないです。海外生活と海外での就業体験を得られるので就職活動において強力な味方になってくれること間違い有りません。

>>【費用】フィリピン・セブ島での海外インターンシップでかかる費用の総額はいくら?

ちなみに私の場合ですが、2ヶ月弱を予定しているので現金12万円を持って入国しました。

 

二週間就業してみて

まずインターン生として何をしているのかですが、フィリピン市場向けのスマートフォンアプリを使った新規事業の立ち上げ業務に従事させていただいています。リリース後は同アプリの運用業務に携わらせていただく予定です。重複しますが、私の英語力は聞き取るのが精一杯です。癖のある英語は聞き取れません。ですがサポートしてくださっている日本人の方々、現地社員の方々のおかげで毎日進化を体感できています。平日は毎日ミーティングに参加させていただいているので、帰宅後の空き時間は勉強やコミュニケーションに割いています。

 

picture

英語に関しては寮を利用している現地の方々が教えてくれるのでとても効率的です。日本が好きな現地の社員さんと仲良くなれれば無限に話してられます。その点寮で共同生活できるというのはこのインターンのメリットかもしれませんね!一緒に映画を見たり、ゲームをしたり。日本語がほんの少しだけ話せるので驚きました。ナイス環境かと思われます。ビジネスマナー云々、基本のきの字すら無いため、僕自身も事業と同じく0から頑張って吸収していこうと思います。2ヶ月後がとても楽しみです。

 

 

このコラムを書いた人
山下毅

山下毅

静岡生まれ静岡育ち。現在は横浜で暮らす大学4年生。引き篭もりの根暗ですが時には超アウトドア。就活半ば、英語力皆無なのにマニラのIT企業にインターン応募、そして現在挑戦中。エンジニアになるべく経験を積んでおります。以前はクラブでDJをしてました。ピザが大好きです。

Related 関連記事

bana_size1_2 (1)