現地就職もできる!ベトナムで転職を支える海外インターンシップ

 

一人ひとりの就職に寄り添い成功させる

Q.貴社の事業内容、特徴等を教えてください。

弊社は、日本人紹介メインのベトナム現地法人の人材紹介会社です。親会社は、東証一部上場企業であり人材紹介だけでなく、大手上場企業の日本本社からの人事からのご相談も多数頂いております。弊社のご登録者はベトナム在住、日本在住でこれからベトナムで就労したい方、アジア隣国からベトナム就労をお考えの方など様々です。ご登録者の可能性を最大に引き出す為にも、丁寧にかつスピーディーに転職成功をサポートすることを重要としております。オフィスはホーチミン1区の中心地で、ご登録者とはスカイプやメール等でご対応し、日系企業様へのご訪問も区内に集中している為、アクセスが良いです。

 

Q.貴社のインターン生はどういった業務内容を行いますか?

ご登録者とのスカイプを通して面談を行ったり、日系企業に対してご訪問同行等の仕事内容です。日本人だけでなくベトナム人紹介も一部行っているので、企業様にご推薦の前に面談をし、日本語スキルチェックも行います。時には、日本語で記載された履歴書の添削も行い登録者をサポートします。新規の日系企業への求人開拓などもお願いしています。
 
・弊社では現地法人枠での社員募集も随時行っています。人材紹介にご興味を持って頂けた場合は改めて選考させて頂きますが、弊社の社員への登用制度もございます。
※大学を卒業されている社会人インターンとしても受入れ対応致します。

 

海外で働くからこそ困難に感謝できる

スタッフ掲載写真(クイックベトナム)-min

Q.日本と海外で働く違いはなんですか?実際に働いた経験をお聞かせください。

海外でも日系企業、ローカル企業での就労で異なる点はございますが、海外で働く場合、多くは若い内から責任のある仕事に就きやすく、日常会話程度の英会話力でも十分実務経験が得られる等、海外就労ならではの魅力があります。各国の多様な文化や価値観を自身の肌で感じ、視野を広げると同時に日本の良いところも再確認できると思います。国によって働く環境や状況は全く異なる為、自身の優先順位、ご状況を理解し照らし合わせながら、メリットデメリットを明確にすることも重要です。他にも海外(特に東南アジア)では、常日頃から寛容性を高めて対応する能力も必要だと感じます。

 

Q.働いている中で困難はありましたか?また、どう行った気持ちで乗り越えることができましたか?

私は海外で働いておりますが、就労前のインターンシップの経験や留学経験もございません。今この記事をご覧頂いている方は多少なりともインターンシップにご興味がある方かと思われるので、若いうちからご経験を積める事に対して羨ましく思い背中を押していきたいです。海外では日本の常識は通じず、日々関心させられることや学ぶ機会が多いです。自身の失敗でご迷惑をお掛けしてしまった際も、一緒に働く周りのスタッフの支えやご登録者様の有り難いお言葉を頂戴しながら、感謝の気持ちを忘れずに乗り越えております。日々困難ではありますが、何事も楽しめるように寛容性が高くなるのも海外ならではじゃないでしょうか。

 

思い通りに行かないことを経験し、ベトナムの勢いとともに成長を

Q.インターン生に求める姿勢や能力はありますか?

ベトナムはまだまだ発展途上国のため、インターンでお越し頂く際は適応力、対応力、柔軟性、ストレス耐性、ポジティブ思考が求められます。実務経験は、これからいくらでも身に付けることができますので、やる気のある成長意欲を存分に引き出していきましょう。

 

Q.インターン生には海外でどういったことを学んで、どういう姿になって欲しいですか?

初めての海外インターンシップになる方にとって、はじめは自身の思い通りにはいかず様々な想定外な事にぶつかると思いますが、そこでめげずにエネルギー溢れる環境の中で、自分なりの目標やミッションを常に探し続けることを学んで頂きたいです。短期間ではありますが、海外インターンシップの貴重な経験を生かして主体的に行動し、成長できる人物になって社会でご活躍して頂きたいです。日本とは違う文化・習慣などを学んで頂き、視野を広げる事、成長しているベトナムの勢いなども感じて頂きたいです。

 

Q.海外に挑戦する若者にメッセージをお願いします。

スタッフ写真(クイックベトナム日高)-min

日本では得られないような体験し、自身の成長に繋げて頂ければと思います。期間中にできるだけ、人生の先輩方やインターン生の仲間達、現地の方々とコミュニケーションを取り、吸収できる事は全て取り込む姿勢で楽んでください。語学力の向上ももちろんですが、まずは自身のエネルギーを常に持ち続ける事を心掛けましょう。目標設定を常にできる方は、どこでも成長し続ける事ができます。最後に、インターンシップをお考えの方、そして少し悩んでいてあと一歩が踏み出せない方、誰しも不安はあると思いますがまずは挑戦してみることが大切です。皆様のインターンシップ生活が充実し、今後の人生の糧になる事を願っております。なお弊社は日本人の人材紹介を行っているため、インターンシップ終了後に本格的にベトナム就職・転職をご検討頂ける場合はお手伝いもさせて頂きます。
 

alt
alt
alt

Related 関連インターンシップ情報

bana_size1_2 (1)