セブ島の中心!ITパークに立地する日系語学学校での海外インターン

今回は「セブ島の中心!ITパークに立地する日系語学学校」でインターンをしている大久保さんにフィリピン・セブ島での海外インターンシップについてのお話を伺いました。

求人情報も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

 

 

異国の地で異国の人間と起業

 

 

Q.海外インターンシップに至るまでの経歴を教えてください。

 

10-1-4 nils①在学中は海外ボランティアサークルに所属していて、ネパールで現地のNGO団体の方達と協力しながら学校建設を行っていました。具体的には建築した学校にペンキぬったり、清潔な環境を創り上げるために焼却炉を設置等をしました。ボランティア活動の中で言語を使いこなすことができないと、なかなか深いコミュニケーションが取ることが難しいなと感じていました。もっと英語を勉強する必要がある、しかし金銭面の事情で、欧米への留学は難しかったんです。そこで英語力を最短で伸ばすためにフィリピン留学にいこうと決意しました。

 

 

 

Q.インターンシップをしようと思った理由をお伺いしてもよろしいですか?

将来起業したいなと考えております。日本以外の国で、海外の方達と協力して何か起こすことが出来れば、おもしろいなーっと。しかしそのような経験をするには、日本の環境の中ではどうしても難しいなと思っていたんです。そうなってくると海外で働くという経験がどうしてもしたくて。そこで海外インターンシップに目をつけました。英語の勉強もできるので非常に恵まれた環境だなと感じています。

 

 

Q.何か不安要素はありませんでしたか?

 

10-1-3 nils①僕は全くなかったですね。なんでこれほどまでなかったのかわからないですが。。(笑)

今までネパールとか他の国にも行ったことがあったからかもしれません。休学して1年卒業が遅れるぐらいどうってことないよなーって僕自身は考えています。

 

 

 

 

海外インターンで掴んだ営業の本質

 

 

Q.海外インターンシップの業務内容について教えてください。

 

資料請求や問い合わせのあったお客様に対し応対を主に行っています。学校の説明ですとか、お客様の疑問点を解決できるよう努めています。お申し込みがあったお客様に対しては、渡航までのサポート全般行っています。

 

 

Q.異国で日本人以外と一緒に働くということに何か意識されていましたか?

 

10-1-1 nils①文化や価値観がそもそも違うと思うので、日本人だと気にならないこと、些細なことでも彼らにとっては大きいことかもしれない。言葉選びには注意し、相手の事をきちんと理解できるように少しずつ歩み寄っていくようにしています。

 

 

 

 

 

Q.海外インターンシップを通して、身についたスキルはありますか?

 

海外インターンシップを始めるまで、「営業」という職種の印象が良くありませんでした。なんかこうガツガツしていて、お客さんに押しつけて売っているような…。そんなネガティブなイメージでした。実際の営業は「お客様が購入に至るまでの不安を取り除くことができる」業務だと学びました。自分の中での考え方がこれほどまで変わったのは衝撃的でした。こういう考え方は好きだなって。本当に良い商品、良いサービスは販売することでお客様に悩みや課題を解決することができると思うと、営業はおもしろいなと感じています。

 

 

 

やる前から言い訳をするな!

 

 

Q.海外インターンシップで英語力はどれくらい変わりましたか?

 

10-1-2 nils①大学受験をしたので、読む、書くはある程度自信はありました。ただ話す、聞くの力は全く自信がなかったです。それこそネパールに行った際はコミュニケーションをとることが難しかったので、本当に上達するのかな?と不安でした。現在はカランメソッドの授業を中心に受けていて、徐々に英語の耳に慣れてきたかなと感じています!フィリピン人の方との会話している内容も聞き取れるようになってきました。加えて発音です。フィリピン人の発音は綺麗で、自然と綺麗な英語を耳にできる環境があります。インプットが常に行われているので、自分の発音も意識できるようになりますね。

 

 

Q. 次の海外インターンシップ生に対して、メッセージを下さい。

 

10-1-5 nils①「今チャレンジしていることが、たとえ失敗したとしてもそれは笑い話できる。もしチャレンジしなかったら、一生後悔として残る。それが最大の失敗だ。人生の失敗はチャレンジしないこと。」これが自分が大事にしている言葉です。もちろん金銭面や色々な事情がお持ちの方はいらっしゃると思います。けどやらない理由づけをすることはもったいないです。

 

どんどんチャレンジしていきましょう!

 

 

 

 

インタビュアーの感想

 

ボランティア活動が転じてセブへやってきた大久保さん。海外での活動経験が豊富なこともあり、フィリピンだけでなく、非常に広い視野で物事を捉えられているなあと感心させられました。大久保さんのように将来起業したいという方もぜひセブターンで初めの一歩を踏み出しましょう!

 

 

alt
alt
alt

Related 関連海外インターン求人

bana_size1_2 (1)