日本人最少!英語環境が魅力のセブ島語学学校での海外インターン

ユベック① (1)

今回は「日本人最少!英語環境が魅力のセブ島語学学校」を経営しているYOON JI YOUNG様にフィリピン・セブ島での海外インターンシップについてのお話を伺いました。

求人情報も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

#英語でのインタビューを日本語訳しています。

 

 

 ”セブはいいぞ!” その一言から~

 

 

Q.セブで働くまでの経緯をお伺いしてもよろしいでしょうか?

 

18-2-1 UBEC②私は12年前にセブに語学留学に来ました。当時は英語の勉強としてアメリカ留学を考えていましたのでセブ英語留学のことをあまり知らなかったのですが、友達から“セブはいいぞ”と紹介されまして英語学習にセブを選びました。その際にマンツーマンクラスを通して素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。その経験から私は英語を学びたい方により効果的、効率的に英語力を伸ばしたい方の手助けができるのはないかと思い、セブ島に戻り語学留学のビジネスを始めました。

 

 

Q.貴社の事業内容、特徴等を教えてください。

 

当校はESLコースの他に、ビジネスコース、TOEIC、IELTSのコースがあり、中でもKnow How Englishという独自の英語学習プログラムが最大の強みです。 上記の学習方法は一連の英語スキルを高いレベルで伸ばすことのできる当校自慢の英語学習ドリルです。英語学習効果はとても大きいですし真剣に取り組めば生徒の英語力は間違いなく伸びます。 講師陣の質も他の学校より高いと自負しています。そしてこの学校を他の学校よりスペシャルにしたいと思っています。

 

 

Q.今後貴社の目指す姿を教えてください。

18-2-4UBEC②私たちのゴールは生徒に英語を伸ばすのに最適な英語学習環境を作り上げることです。 勉強の効率化を図り、生徒様に目に見える形で英語の上達(成績)を知ってもらう為、独自のフォームを作っています。英語学習に関して高いクオリティを持つ語学学校として有名にしたいですし、当校のみしか提供できない学習プログラムの質をもっと高めたいと思っています。 その為には英語を伝える側の講師陣のクオリティをどのように上げていくかが大事であると考えています。プログラムの効果を最大限高められるかを念頭に置き、講師陣のトレーニングに力を入れています。

 

 

 

求めるものはチャーミングフェイス!

 

 

Q.貴社のインターン生はどんな経験ができますか?

英語学校のインターンですので、働きながら英語を無料で学べることです。あとは多くの生徒様は文句を含めて思ったことがあっても私に言わないんです(笑)スタッフの立場であるインターンとして彼らとより密接に向き合うことになります。違う国籍の生徒様ですと英語でのコミュニケーションとなりますし文化や考え方も大きく違ってきますので、その対応をするインターン生は学べることはとても多いと思います。一人のインターン生には約20人程の生徒様をマネージメントしてもらいたいと思っています。

 

 

Q.インターン生に求めるものはなんですか(姿勢、スペック等)?

 

18-2-2 UBEC②一番にチャーミングフェイス!(笑) やる気があって、責任感を持てる方に来ていただきたい。多くの種類の仕事をこなせる思考の柔軟性、調整力がある方が望ましいですね。英語力に関してはそれほど重要ではない。私とある程度のコミュニケーションが取れれば問題ありません。TOEICでいうと400~500もあれば十分です。それ以上にいろいろなシチュエーションに対応できる思考を持った人、マインドが一番重要です。

 

 

 

 

Q.インターン生には海外で何を学んで、どうなって欲しいですか?

私はインターン生には英語力、英語を伸ばすための最適で効率のよい方法を学んでほしいと思っています。また仕事を通して責任感のある人に成長して欲しいとも思っています。これからどのような環境に入っても対応出来る様に時間管理の能力や、組織の中で働くときにより効率よく仕事をこなせるような人材でなって貰いたいです。

 

 

知り、学び、己を高めろ!

 

 

Q.過去のインターン生のすごいor面白いエピソードなどはありますか?

 

過去のインターン生では、韓国人インターン生に勉強熱心なすごい生徒がいましたね。彼は短期間でTOEICのスコアを910点まで上げていました。 現在ですと学校紹介の動画編集など、マーケティングに従事してくれているインターン生もいますね。彼には多くを助けてもらっています。

 

 

Q.最後に海外に挑戦する若者にメッセージをお願いします。

 

18-2-5UBEC②海外で働くということは、その場の環境を受け入れる必要があるということです。 国際色豊かな環境で仕事をするということは自分自身を高めるチャンスになりますし、多くの学びを経験できます。外から自国を見ることで得られる経験も大きいですね。 チャンスがあるなら是非挑戦して欲しいですね。

 

 

 

 

インタビュアーの感想

 

インタビュー終了後、雨が降っていることを気にしていただき、自家用車で私を自宅まで気兼ねなく送ってくださった。忙しく働かれている彼の教育熱心さ、そして優しさに付いていこうとする人も多いのではないだろうか。そんな彼の下でインターンとして働いてみてはいかがでしょうか?

 

 

alt
alt
alt

Related 関連海外インターン求人

bana_size1_2 (1)