フィリピン留学のパイオニア!韓国系語学学校での海外インターン

今回は「フィリピン・セブ留学のパイオニア!韓国系語学学校」で働かれている山口様にフィリピン・セブ島での海外インターンシップについてのお話を伺いました。

求人情報も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

 

 

実績を生かしたグローバル人材育成

 

 

Q.御社についてお伺いしても宜しいでしょうか。

 

7-1-2 eien①はい。我々はマニラに現地法人を持ちマニラ・セブ島で4つの語学学校を運営し、その他3つの学校とも提携しております。これまでに4000人以上をフィリピンに送り100社以上の企業研修実績があります。欧米留学にはないマンツーマンレッスンの強みを大いに活かしグローバル人材育成を行っています。

 

 

 

 

Q. 御社と他の語学学校との違いはどういう点でしょうか?

 

私たちはフィリピン留学の取り扱いの歴史が長いため、その分今まで培ってきた情報量には自信があります。各学校に海外インターン生を常時配置して、培ってきた情報をベースに生徒様へのサポートをしていますので、非常にサポートが充実していると考えています。

 

 

Q. 御社の目指す語学学校の姿とはなんですか?

 

7-1-4 eien①グローバル化を意識して、多くの若者がどんどん日本の外に出て行ってもらえるような環境を提供できる学校を目指しています。そして、そういった方々を応援したいなと考えています。その1つのキッカケとして、海外インターン生を積極的に採用しています。英語の勉強をしながら、習った英語を業務で実践する。現在も学生様以外にも企業様、大学様、団体様に来ていただけています。社会人の方にも満足して頂けるような学校創りに努めています。

 

 

 

 

Q. 海外インターン生の業務内容についてお伺いしても宜しいでしょうか?

 

フィリピンの語学学校で生徒さんのピックアップ、オリエンテーション、ケアサポートなどをお任せします。英語環境で働いてみたいと言う方にお勧めの海外インターンシップです。

 

主な業務内容は
・お客様の空港お出迎え
・学校へ来られた日本人のお客様ケアサポート
・現地学校での業務お手伝い
・現地情報収集・情報提供
・現地フェィスブックへの書き込み等
・その他一般雑務他

 

期間は6ヶ月~1年間程度が基本です。(渡航時期、期間はご相談可)

 

 

 

将来に繋がるインターン経験を

 

 

Q. 海外インターン生に期待する姿勢、能力は何かありますでしょうか?

 

7-1-3 eien①新しい経験や価値観を得るだけではなく、この海外インターンシップの経験を活かしてみなさんの将来へのきっかけ作りになるように頑張って欲しいですね。私個人的には是非大学生に来ていただけると嬉しいです。というのも、最近海外インターンで来てくれる大学生はみなさん志がとても高く感じます。

 

海外に飛び出し、日本とは違う環境に挑戦するといった方々は非常にパワーがあって、自ら率先して業務を行ってくれています。報告書1つにとっても、書き方がわからないなりにも自分でまず考えて、自分なりのものを持って来てくれる。そんな頑張る姿勢がいつも垣間見えます。新しい日本人の高校生向けのカリキュラム作成に関しても非常に助けてもらいました。元々韓国人向けのカリキュラムはあったのですが、日本人のニーズと韓国人のニーズって少し違うじゃないですか?まして高校生向けなので結構工夫しないといけなくて。そこで海外インターン生のアイディアで日本人の高校生に求められているものを考えてくれました。

 

 

Q. 海外インターン生の手当て内容についてお伺いしても宜しいでしょうか?

 

7-1-1 eien①給与相当の報酬として、
「授業(1日あたり3~4時間程度のレッスン)、学校寮滞在、食事(毎日3食)」そして「海外での業務経験実績」を提供致します。
(※交通費・保険は自費、その他VISA代SSP代等要相談)

 

有給インターンシップ昇格および正社員雇用も積極的に行っています。私自身も元々は海外インターン生でした。その後社長直々に「正社員として働かないか。」とお声掛けて頂き今に至るといった感じです。

 

 

Q. 現在のインターン生を客観的に見て、海外インターンを通して変わっていった部分はどういうところでしょうか?

 

新入生に対して、学校案内のオリエンテーションを行ってもらってるんですね。誰でも最初はそうだと思うのですが、最初はみんなグダグダです。でも回数を重ねる毎にすごく上手にまとめる事ができようになるんですよ!そのような経験によって、人前で話す技術、コミュニケーション能力、自分への自信が高められていると感じます。あとはうちのスタッフでよかったと思って、巣立って行ってもらえると最高ですね。

 

 

 

拒絶せず挑戦する勇気を持とう

 

 

Q. 最後に海外、フィリピンに挑戦しようとしてる若者にメッセージをください!

 

7-1-5 eien①みんな日本で生まれ、日本で生活し、ベースが日本になってしまってるんですね。日本という枠組みで常識が形成されてしまってるんです。海外に出てきて、違う国籍の人と話すことや文化に触れる事によって、新しい発見がたくさんできると思うんです。もちろん日本、日本人と違う点があって困ることもあります。それをすぐに拒絶するのではなくて一度理解してみよう、一度話し合って解決してみようとすることで新しい価値観であったり、新しい気付きであったり、新しい絆であったり生まれるものがたくさんあります。英語が話せないからという理由で、なかなか海外に飛び出せない方って結構いると思うんです。けれど私はやる気さえあれば、全然通用すると考えています。

私は今まで実際に何人ものインターン生が日々成長して、次のステップに歩んでいる姿を見ていますから。英語をあまり話せないなんて重要な問題ではないと考えています。そんなことを恐れずに、海外インターンシップに是非挑戦してもらいたいです!

 

 

 

インタビュアーの感想

 

セブ島歴5年目の山口様。フィリピン留学を黎明期から知るだけあって現地情報の深さや人脈の豊富さは特筆されていました。セブではワーキングホリデーを経てフィリピンの語学学校で働かれている人が多いことに驚きます。ワーホリ中の方やワーホリ経験者の方は山口様にお話を聞いてみてはいかがでしょうか?

 

 

alt
alt
alt

Related 関連海外インターン求人

bana_size1_2 (1)